ニュース
» 2017年12月01日 20時00分 公開

「ナノブロックアワード 2017に傑作集結 おいしそうなタラバガニや躍動感あふれるダルマ落としなど

無限の可能性を感じる。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 カワダの「ナノブロック」による作品コンテスト、「ナノブロックアワード 2017」の結果が発表されました。世界中のナノブロックファンから集まった600作品のうち、33作品が表彰されています。


 募集されたのはピース数無制限の「No limit」、200ピース制限の「Under 200pcs」、サイズが大きめの「ナノブロックプラス」を使う「nanoblock+」の3部門。それぞれ同社公認の「ナノブロック達人」と、「一般」のクラス別に審査されています。それでは、各部門のグランプリや特別賞、目立った優秀賞を紹介しましょう。秀逸なアイデアと技巧の詰まった傑作ぞろいです。

No Limit部門(達人)

グランプリ「タラバガニ」


タラバガニ 精巧に作ったタラバガニを、おごそかにディスプレイ。全関節が動くうえに甲羅も開く

準グランプリ「Chocolate Bar」


キットカット 一口かじった定番のチョコバー。カケラまで再現したところがポイント

SHIBUYA PIXEL ART賞「天燈鬼と龍燈鬼」


天燈鬼と龍燈鬼 興福寺の国宝がモデル。灯籠にはLEDが入れられる

優秀賞「がしゃどくろ」


がしゃどくろ 浮世絵でおなじみの巨大なガイコツ。抜けた歯や欠けた頭蓋骨などにこだわりが

No Limit部門(一般)

グランプリ「海の王、クラーケン」


クラーケン 帆船を襲う海の怪物。今にも動き出しそう

準グランプリ「ナノブロックタウン」


ナノブロックタウン 製作期間3年の大作ジオラマ

優秀賞「ダルマの目入れ」


ダルマ ダルマとが別に作った筆をくっつけて、目を入れる瞬間に

Under 200pcs部門(達人)

グランプリ「傘」


傘 クリアパーツを使ったビニール傘。再現性が高い

準グランプリ「おはようございま…」


あるある 小学生の「あるある」な一瞬

優秀賞「熊手」


熊手 立てて飾れる酉の市の熊手

Under 200pcs部門(一般)

グランプリ「あんこたっぷり!ほかほか鯛焼き」


鯛焼き パーツの差し替えや関節ブロックにより、食べる前と後を再現可能

準グランプリ「Friends」


フレンズ モノトーンで表したバス停の風景。名画のような味わいが

JAPANIMATE賞「かっぱのかわながれ」


河童の川流れ デザインのかわいらしさとストーリー性が素晴らしい

優秀賞「だるま落とし」


ダルマ落とし インパクトの瞬間を巧みに表現

nanoblock+部門(達人)

グランプリ「生け花」


生け花 生け花としての構図がステキ

準グランプリ「サルのおもちゃ」


サルのおもちゃ パーツの差し替えで違った表情も楽しめる

優秀賞「MONKEY」


モンキー エンジンやマフラーなど、細部まで作り込まれている

nanoblock+部門(一般)

グランプリ「白いギターとアンプ」


ギター スタンド付きのギターとマーシャル風のアンプ

準グランプリ「黄道十二宮」


12星座 12星座を全て表現。水瓶座が大変そう

優秀賞「いろいろ手裏剣」


手裏剣 投稿者の息子さん(小学3年生)がたくさん作ったそうです



 全受賞作品は発表ページに掲載。なお、過去の受賞作品の一部は、「アワードセレクション」シリーズとして製品化されています。

(画像提供:カワダ)


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう