ニュース
» 2017年12月01日 17時00分 公開

レクサス、3列シート版「RXロングバージョン」を発表 12月発売 (1/2)

高級SUVの3列シート搭載7人乗りモデル(写真60枚)。

[ITmedia]

 レクサスが米国で行われた「ロサンゼルスオートショー」で、高級SUV車種「RX」の3列シート搭載ロングバージョン「RX350L」を世界初公開しました。

photo RX350L(北米仕様)

 このロングバージョンのRXは、ロサンゼルスオートショーでの公開が予告されていた3列シート仕様のモデル(関連記事)。優雅な力強さを表現した現行のエクステリアデザインはそのままに、全長を拡張して電動格納式のサードシートを搭載。さらに広い居住性や快適性を実現しました。

 車体サイズは、5000(全長)×1895(全幅)×1710(全高)ミリで、ホイールベースは2790ミリ。現行のRX450hに対して全長が約110ミリ拡張されました。乗員は7人です。

 日本市場では、3.5リッターV6エンジンを組み合わせたハイブリッドシステムを採用した「RX450h」をベースにした「RX450hL」が12月中に発売される予定です。

photo 電動格納式のサードシートを新たに搭載
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.