ニュース
» 2017年12月01日 17時43分 公開

これは“ちょいミニ”ランクル? トヨタ、ITと自然に連携できる「遊べる小型SUV」を発表 (1/2)

車載カメラ動画を「その場ですぐアップロード」できる機能などを搭載。新しい休日の過ごし方を提案するコンセプトカー。

[岩城俊介,ねとらぼ]

 トヨタ自動車は、12月1日から米国で行われている「ロサンゼルスオートショー」で小型SUVのコンセプトカー「FT-AC(Future Toyota Adventure Concept)」を公開しました。

photo 小型SUVのコンセプトカー「FT-AC(Future Toyota Adventure Concept)」

 FT-ACは、山岳地帯でのキャンプや川下り、マウンテンバイク走行など、本格アウトドア活動を楽しむユーザーをターゲットに、新しいアクティブな休日の過ごし方を提案するデザインコンセプトとして企画されました。

 上位SUV車種「ランドクルーザー」のイメージを踏襲したとする力強いデザインと高いオフロード走行性能に加えて、サイドミラーに搭載されたカメラと車載Wi-Fiで「撮影した動画をその場ですぐにアップロードできる機能」「スマホで調光できるルーフラックライト」などのITデバイスと自然に連携できる機能が搭載されます。また「現世代のアウトドアユーザー向けベースキャンプ基地」を想定し、「車体から取り外して懐中電灯や自転車用ライトになるフォグランプ」や「マウンテンバイクキャリア」なども備えます。

 ドライブトレーンは4輪それぞれにトルクを適切に配分する「トルクベクトル式4WDシステム」を採用し、路面に応じたセッティングの切り替えやデフロックが可能。低燃費と4WDシステムの走破性を組み合わせた次世代のハイブリッドシステムの搭載も想定されています。

photo ミラー上にカメラを搭載。撮ったライブ動画をその場でアップロードして使えるように、ユーザーが持つスマートデバイスと車載システムが連携して動作するようになっています。
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.