ニュース
» 2017年12月02日 20時00分 公開

遊んでるんじゃないよ 英国軍兵士が暗視ゴーグルをつけてサッカーをする訓練映像を公開

楽しい訓練があってもいいじゃない。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 イギリス(イングランド)の近衛連隊「コールドストリームガーズ」の公式Facebookで、暗視ゴーグルをかけてサッカーをする様子が公開され、そのユニークな訓練内容が話題になっています。



英国 サッカー 暗視ゴーグル 近衛兵 遊んでるようにも見えますが、真面目な訓練です

 Company(中隊)のメンバーを集めて行われた深夜のサッカーはとても楽しそうで、一見するとふざけて遊んでいるようにも見えますが、実はこれは暗視装置(ナイトビジョン)に身体を慣らすために行われている大真面目な訓練。

 暗視ゴーグルは夜間や暗所で視界を確保する便利な機材ですが、レンズ越しに見えるものは遠近感が狂い、視野は非常に狭く足元は見えず、肉眼で捉える視界とは大違い。そんな感覚のズレを頭だけではなく、身体にも覚えさせておく必要があります。

 そこで彼らが実施しているのが暗視ゴーグルサッカーというわけで、とても理にかなった訓練となっています。


英国 サッカー 暗視ゴーグル 近衛兵 たまには楽しい訓練があってもいいよね

 ちなみに「コールドストリームガーズ」は英国首都・ロンドンに常駐する世界最古の部隊。バッキンガム宮殿や市内の警備を行う「近衛兵」として有名ですが、彼らはその中でも歩兵として数々の軍事活動を行う第一大隊に所属する兵士たち。かつてはクリミア戦争や第二次世界大戦などにも参加している歴史ある部隊で、戦闘車両を交えた機械化歩兵であったころもありましたが、現在は即応力の高い軽歩兵として整備され、英国内外の有事に対応する部隊として運用されています。


春山優花里@haruYasy.


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう