ニュース
» 2017年12月03日 17時06分 公開

トランプ大統領がRTした反イスラムツイート、Twitterが消さない理由 当初と説明変える

「メディアポリシー」によるものと説明しています。

[ねとらぼ]

 ドナルド・トランプ米大統領が、反イスラムツイートをリツイートし物議を醸していますが、このツイートを削除しない理由について、Twitterは「メディアポリシー」によるものと説明しています。

 大統領がリツイートしたのは、英国の極右政党のメンバーが投稿した動画で、「イスラム教徒移民が松葉杖の少年を打ちのめす」など、イスラム教徒が暴力的であると主張するもの。

トランプ大統領のリツイート

 元のツイートがTwitterのルールに反しているように見えるのに削除されない理由について、同社はCNNに「ある事柄のすべての側面を見る機会を提供するため、違反の可能性がある、物議を醸すコンテンツを認めることがまれにあります。公共の利益があると考えるためです」と説明していました。

 ところがその後、ジャック・ドーシーCEOは「先日の動画について当社が対応しない理由が誤って説明された」とコメント。Twitter Safetyアカウントでも「ヘルプセンターの担当者が説明し、これが混乱を招きました」と先の説明が誤っていたことを示唆し、「これら動画は報道価値がある、公共の利益にかなうという理由で残されているのではありません。現行のメディアポリシーに基いて認められています」と述べています。

 しかし、同社は具体的にメディアポリシーのどの部分を根拠にしているかは述べていません。ユーザーからは「メディアポリシーを変えるべき」との批判も寄せられ、同社は「ポリシーを再評価し、検討し続けていきます」とコメントしています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう