ニュース
» 2017年12月06日 19時41分 公開

もしも「愛」に質量があったら……? メルヘンチックな空想から深い闇が生まれてて怖いよこの漫画!

愛が重すぎて世界がヤバイ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「愛」という概念に、もし質量があったら? そんな空想を元にした短編漫画を、漫画家の磐秋ハルさんがTwitterで公開しました。愛は具現化までされるようで、お母さんのお弁当から仲良し家族まで、でっかいハートを背負っていてメルヘンチックで楽しげっ……1ページ目までは。


1P 大変そうだけど楽しげな世界

 桃色ベースの明るい漫画は、2ページ目で一変してほの暗い色調に。人が全身まで完全につぶされて死亡する不可解な事件が相次ぎ、首をひねる刑事の様子が描かれます。


2P 勘のいいかたはもうお分かりでしょうね

 犯人の正体は、「愛情の深すぎる女性」。重すぎる思いから逃げ出した男が、巨大な愛に押しつぶされていたのです。物理的な意味で。


3P ああやっぱり……

 真相を知ってか、恋人の死を悲しむ彼女。そんな心のすきまを狙った男にナンパされると、「ほんとに? しぬほどすきになっちゃうよ」と応え、さらなる悲劇を予感させるのでした。怖い怖い怖い。


4P この女性、ひょっとすると自分の愛が恋人を殺しうると知っている……?

 重すぎる愛に恐怖する人、「殺される心配がない」と悲しむ人、「この世界だと夫が死んでしまいそう」などとノロケる人など、ネットの反応はさまざま。「これでは赤ちゃんが育たないのでは?」との指摘もありました。……ハッ、愛が重すぎて人類がヤバイ。

 作者の磐秋ハルさんは、『屍町アンデッド』をコミックサイト「MAGCOMI(マグコミ)」で連載中。一部のエピソードは無料で読めます。

画像提供:磐秋ハルさん

(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう