ニュース
» 2017年12月09日 09時00分 公開

同人誌委託販売サービス「ライブラ」開始 データを登録してオンデマンド製本

在庫を抱えたくなくて再版に二の足を踏んでいたサークルさんに朗報。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 受注生産式の同人誌委託販売サービス「ライブラ」がスタートしました。同人サークルが自分の作品のデータを登録し、注文があったときに印刷して販売できるサービスです。

ライブラ 同人誌 なかなか再販できない、同人誌の救世主となれるか

 サークルが同人誌のデータを登録し、その本が注文されると印刷、製本されて注文者に配達されます。データの登録料は無料で、注文が入った際に製造費を差し引いた売り上げがサークルに入る仕組みになっています。サークルは在庫を抱えずに作品を販売でき、注文者は欲しい本が確実に手に入ります。

ライブラ 同人誌 サークル側は、データを登録するだけでオッケー

 データがあれば昔の作品のデータも登録可能で、保存期間は無期限になっています。以前に買いたかったのに買えなかったという本も、手に入るようになるかもしれません。

ライブラ 同人誌 ライブラの理念。同人誌にかける思いが伝わってきます

 2018年1月まではキャンペーンとして、登録した作品が1冊無料で製本されます。Twitterでは、既に利用しているサークル運営者が投稿した同人誌の写真も見られます。

 「コミケで完売だった、あの本はどこに……!」「いくら払ってもいいから、○○年前に出た本が欲しい……!」――そういった心の叫びが、このサービスで減ることが期待されます。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう