ニュース
» 2017年12月09日 13時40分 公開

「チェロで殴れば勝てる」 “なぜチェロが優れているのか”を挙げる奏者に共感の声 楽器を解説した漫画も話題に (1/2)

チェロが弾けて漫画が描ける最強奏者。

[Kikka,ねとらぼ]

 「暴漢に襲われたときでも、チェロで殴れば勝てる」「下手なコートよりあったかい」など、独自の視点で“なぜチェロが優れているのか”を解説する奏者に注目が集まっています。

 チェロとは4本の弦で低く深い音を奏でるバイオリン属の楽器。アニメ映画「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生」での碇シンジやアニメ「BLOOD+」に登場するハジ、ゲーム・アニメ「金色のコルダ」の志水桂一にドラマ「カルテット」の世吹すずめ(演:満島ひかり)などアニメ・ドラマ作品で度々奏でられる楽器で、なじみがある人も多いのではないでしょうか。



 そんなチェロについて、チェロ奏者のチェロ しおり(@vc_shiori)さんは「暴漢に襲われたときでも、チェロで殴れば勝てる」「そもそも、背負ってるだけで絡まれにくい」「キャッチも何となくスルーしてくる」「船が沈んでも、チェロはしばらくは浮いてくれる」「山で遭難したとき、薪になる」「エンドピン(※)は凶器」「弦もこっそり凶器」と、7つの“なぜチェロが優れているのか”を挙げています。

※エンドピン……楽器の底部にある棒状の部品。床に突き立てることにより楽器を支える。

 なかでも「山で遭難したとき、薪になる」は、ケース入りで1m30cm近くあるチェロを担いで山に登った上に遭難、というクレイジーな状況を想定したものですが、映画「007 リビング・デイライツ」ではチェロケースをソリにする雪山のシーンがあったので、山での活用法はあながち間違っていないのかもしれません。

 さらにしおりさんはファッションの観点から見た“なぜチェロが優れているのか”についても言及。「目立つので待ち合わせに便利」「電車内を移動するとランウェイ並みに注目してもらえる」というあるあるから、「背負ってるだけで友達と差をつけられる」「一点豪華主義ファッションの要」「インスタ映え」といったファッションアイテムとしてのチェロ、「下手なコートよりあったかい」「風除けにもなる」と機能性にも触れています。

 この投稿は瞬く間に拡散。2つのツイートを合わせて12月9日現在5万3000“いいね”を獲得しています。また投稿に触発された各奏者が、「チェロもいいけど、ピアノの真に優れてる点」「なぜ琴が優れているのか」「なぜベースが優れているのか」「なぜシンバルが優れているのか」などを投稿。中には「なぜギターが優れていないか」「ドラムの優劣」などあえてマイナス面に触れる投稿もありました。

 さらにしおりさんは「チェロ弾き しおりの“チェロが分からない”」という過去に公開した自作の漫画も再投稿。ここでは、チェロがどんな大きさの楽器なのか、バイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバスといった楽器の音域の違い、チェロがなぜ音を出せるのか、コンサート鑑賞の注意点などを分かりやすく解説しており、「音楽愛に感動しました」「ファゴット奏者ですがチェロ習うことに決めました」という声が寄せられています。

 このようにユーモアあふれるしおりさんですが演奏の腕はピカイチ。YouTubeには演奏動画も投稿されているので、興味がわいた人は「なるほど、これが凶器にもなりえるチェロかぁ〜」という気持ちで見てみると楽しめると思います。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.