ニュース
» 2017年12月09日 18時15分 公開

神企画じゃないですか! 欅坂46長濱ねるの「50音チャレンジ」が全打席ホームラン級のアイドル力

ら行が難しそう。

[深戸進路,ねとらぼ]

 欅坂46の長濱ねるさんが12月19日に発売する1st写真集『ここから』の公式Twitterで、「長濱ねる50音チャレンジ」なる至福の企画が進行中。長濱ある、いる、うる……と“ねる50変化”で次々とファンの心を撃ち抜いています。50回もキュン死にさせられるわけか。

長濱ねる 写真集 ここから 50音チャレンジ 初手から尊い「長濱ねる50音チャレンジ」長濱ある(在る)(以下、画像は長濱ねる1st写真集『ここから』公式Twitterから)

 同企画は、長濱“ねる”という珍しい本名をピックアップして、「ある」「いる」と50音を順に当てはめ、本当に「ねる」が1番しっくりくるのかを検証しようというもの。現在は「さ行」に突入しており、1万リツイートを超える投稿を連発するなど大きな反響を呼んでいます。

 スタートの「長濱ある」では、存在を示す「在る」として手を広げて存在感をアピールした写真をアップ。初手から妙に抽象的な表現から始まりましたが、その後は「長濱いる(射る)」とおもちゃの弓矢を構える1枚、「長濱うる(売る)」とバナナの叩き売りをする姿など非の打ちどころがないかわいさをキープしながら順調に50音を消化中です。あ、これ無限に見られるやつだ。



 現段階で多くの支持を集めているのは、長濱さんが人形を持って迫ってくる「長濱くる(来る)」や、ユニフォーム姿でサッカーボールを蹴り上げる「長濱ける(蹴る)」などムービーが添えられた投稿。今後も50音が順々に公開されていくようですが、「らる」「りる」「れる」など漢字の当てはめようがない「ら行」や、最後の「ん」などは難易度が高い気がしますね。何が来るか楽しみ!


 ファンからは、「最高かよ! 神企画あざっす!」「ねるの供給がすさまじい!」「これは可愛みに溢れている」「このかるた発売したら絶対買う」など突然始まったサービス企画に歓喜の声が鳴り止まないもよう。一部では、「長濱きょどる」「いつか建ててほしい 長濱ビル」など“○る大喜利”まで展開されていました。長濱ビルはもう普通のビルだろ。




Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう