ニュース
» 2017年12月10日 17時00分 公開

断筆していたひかわ博一先生が復活! 『コロコロアニキ冬号』で「星のカービィ」スペシャル漫画の新作を発表

待ってました!

[宮原れい,ねとらぼ]

 10年以上前に突然最終回を迎えた、ひかわ博一先生の漫画『星のカービィ デデデでプププなものがたり(デデププ)』が、12月15日発売の『コロコロアニキ冬号』で完全新作として復活することが明らかになりました



 当時『月刊コロコロコミック』『別冊コロコロコミック』で連載され人気だった『デデププ』は2006年に突然終了。ネット上ではその理由についてさまざまなウワサがささやかれていましたが、漫画家・カメントツ先生によるルポ漫画『カメントツの漫画ならず道』の第12話で、ひかわ先生本人に直接確認。そこでは10巻くらいからほとんど作画していなかったと告白し、また「僕はそういう最低の人間なんですよ」「いっそ僕のことなんて忘れてほしい」と語るひかわ先生の姿はファンに衝撃を与えました(関連記事)。

 そのため続編・新作の希望は薄いように思われていましたが、コロコロコミック公式サイトでひかわ先生の星のカービィのスペシャル漫画が復活することが発表。「ひかわ先生自らが再びペンを握って描きおろした完全新作」だと明らかにしました。



 『コロコロアニキ』はコロコロコミックを卒業した大人のための漫画雑誌で、今回の「冬号」ではひかわ先生描きおろしのカービィVer.となったデュエル・マスターズの「ドンドン吸い込むナウ」が完全限定付録としてついてきます。

 その他にも同誌では、樫本学ヴ先生の名作漫画『コロッケ!』の復活が決定しており、公式Twitterアカウント(@COROCORO_ANIKI)では発売まで随時新情報が発表される予定です。





Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう