コラム
» 2017年12月12日 11時00分 公開

【マンガで雑学】ボクシングは「危険すぎる」という理由で、1200年間行われなかった

古代オリンピックの正式種目だったのに……。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 10秒で読める「マンガで雑学」のお時間です。今回のテーマはこちら。

ボクシングは「危険すぎる」という理由で、1200年間行われなかった



解説

 ボクシングの原型は、古代ギリシアの「ピュージリズム」。拳に革ひもを巻き、現在で言うところのフックのような攻撃を多用する格闘技だったと考えられています。紀元前688年から古代オリンピック大会の正式種目に採用されましたが、その後、かみつき以外何でもアリというノールールな競技に変化。ピュージリズムはローマ帝国でも行われましたが、「残虐な見せ物」として楽しまれる傾向が強まっていったことから、404年に禁止されました。

 再び試合が行われるようになったのは、17世紀のイギリス。競技が復活するまでに、約1200年かかってしまったことになります。ちなみに、現代ではおなじみの「グローブ着用」「投げ技禁止」といったルールが発表されたのは、さらに約200年後のこと。それまでには試合中に髪をつかまれないように、選手たちが頭をそっていた時期もあったそうです。こ、怖い……。

参考

 ※リンクを修正しました(21時14分)


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう