ニュース
» 2017年12月12日 20時32分 公開

「niconico」運営体制変更を発表 川上会長に代わり栗田穣崇取締役が運営責任者に

川上会長は「いろんなところをやっていきます」とのこと。

[ねとらぼ]

 動画サービス「niconico」に対しユーザーからの不満が多く寄せられている件で、ドワンゴは12月12日、川上量生会長に代わり栗田穣崇取締役が運営責任者になったことを発表しました。同日行われたニコニコ生放送「動画と生放送サービスに対する意見交換会」の冒頭で告知されたもの。


niconico運営体制変更 放送の冒頭、あらためて今回の発表について謝罪した栗田氏

 niconicoについてはこれまで、ドワンゴの川上量生会長が表に立ってユーザーとのコミュニケーションを行っていましたが、今後は栗田氏がこれを引き継ぐ形に。サービスの改善については今後、栗田氏および、サービス開発エンジニアの鈴木圭一氏が中心になって取り組んでいく形になります。なお川上会長は今後、新規サービスなど「いろんなところをやっていきます」(栗田氏)とのこと。


niconico運営体制変更 発表会などでも中心に立ち、ユーザーと接してきた川上会長(11月28日の発表会より)

niconico運営体制変更 中央が鈴木圭一氏。意見交換会には“魂の叫び”動画で話題になった百花繚乱氏も出演(右)




Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう