ニュース
» 2017年12月13日 08時00分 公開

熊本城の天守を特撮美術の技で再現・展示 「シン・ゴジラ」で活躍した三池敏夫氏が監修

熊本出身の特撮美術監督・三池敏夫氏の監修で、熊本城天守を20分の1スケールで再現。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 熊本市現代美術館で、「熊本城×特撮美術 天守再現プロジェクト 展」が12月16日から2018年3月18日まで開催されます。特撮美術の技術で、熊本城の天守閣と宇土櫓(うとやぐら)を20分の1スケール模型で再現し展示する試み。観覧料は一般1000(800)円、65歳以上のシニア800(600)円、高校生以上の学生500(400)円で、中学生以下は無料となります。

※かっこ内は前売り料金。美術館友の会証を提示した場合、1回限り無料となります


ちらし 特撮美術の力で、2メートル以上もの精巧な熊本城の模型を製作(公式Twitterより)

 2016年の熊本地震で被災した熊本城は現在も修復工事中で、多くの部分が立ち入り禁止。この状況を受けて「熊本の力になることができれば」と、同館と熊本出身の美術監督・三池敏夫氏がプロジェクトを立ち上げました。三池氏は平成「ガメラ」シリーズや「ウルトラマンサーガ」、「シン・ゴジラ」で特撮美術を手がけた経験をもって監修を担当。展示全体のプランを提示しています。

 城下の街並みをイメージしたミニチュアセットも展示され、その中では特撮映画のように迫力ある写真撮影を楽しめるとのこと。また、地震で全壊した阿蘇神社の楼門も20分の1スケールで再現・展示されます。


展示プラン 城下の町並みをイメージしたミニチュアもあって、にぎやかな展示プラン(熊本市現代美術館公式サイトより)

(沓澤真二)


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう