ニュース
» 2017年12月13日 14時13分 公開

“余命1年半の少年からの手紙”―― 『BLEACH』久保帯人、探していたファンレターの差出人が見つかったことを報告

よかった……。

[深戸進路,ねとらぼ]

 漫画『BLEACH』の作者である久保帯人さんが12月13日にTwitterを更新。約1年前から情報を集めていた手紙の差出人の件について進展があったことを報告しています。

久保 BLEACH 手紙 ファンレター 少年 捜索 特別ページにもイラストと感謝のメッセージが(画像は『週刊少年ジャンプ』公式サイトから)

 久保さんは2016年11月、連載中にもらったとある手紙の差出人を探すため、全11ページの漫画をTwitterに掲載。その手紙とは、連載10年目を迎えて心身ともに衰弱していた久保さんの心を震わせた『BLEACH』愛が詰まったファンレターで、差出人は余命1年半の宣告を受けた病床の少年でした。

 『BLEACH』の連載を生きる楽しみにしていた少年は、自分が亡くなってから送ってほしいと手紙を遺しており、久保さんへのメッセージ以外は、住所や氏名など詳しい情報を一切記していませんでした。久保さんは、あえて明かさなかったであろう身元を探る行為を「僕のわがまま」としながらも、どうしてもお礼がしたいという一心で情報を募っていました。

久保 BLEACH 手紙 ファンレター 少年 捜索 久保さんに宛てられた実際の手紙(画像は久保帯人Twitterから)

 この投稿は、テレビ番組から協力要請が届くなど大きな反響を呼びましたが(関連記事)、久保さんは「それをしてしまうとご家族が出て来ざるを得ない状況を作ってしまうように思えて」と全てのオファーを断っており、その後は進展が見られないまま約1年が経過。

 そしてようやく、「手紙の差出人の方と連絡がつきました」と11月初旬に差出人が見つかっていたことが明かされたのでした。差出人は少年と同じ病院に入院していた友人だったそうで、「頂いた連絡で詳しいいきさつを伺い、愁眉を開く思いがしました」と少年についていろいろと話を聞くこともできたようです。

 久保さんは、「今回の件では、多くの方々に情報拡散のご協力をいただき、このような形で決着を見ることができました」と関わってくれた全ての人に感謝を伝え、「これをもちまして、投稿フォームも閉じさせて頂こうと思います」とあらためて差出人探しの打ち切りを発表しています。本当よかった……。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう