ニュース
» 2017年12月13日 21時06分 公開

「ホラー漫画のページが黒塗り」で物議 「行き違い」だったと作者が和解報告

問題のシーンは試し読みサイトで公開するとしています。

[ねとらぼ]

 ホラー漫画『殺戮モルフ』(秋田書店)作者の外薗昌也さんが、単行本のページが黒塗りされているとして「前代未聞」とTwitterで指摘し、注目を集めていましたが、編集者との行き違いによるものだったと報告しました。

 外薗さんは12日、今月発売の単行本2巻の過激なシーンについて「真っ黒に塗り潰されての発売となりました。真っ黒でなにがなんだかさっぱりわかりません。前代未聞です」と、黒く塗られたページの写真を添えてツイート。「全く相談無しだったので、ボー然とするしかありませんでした」と、黒塗りのことを知らされていなかったと明かしています。

 この状態では「出さないほうがマシ」と憤る外薗さんに、Twitterでは「ひどいですね」「残念」「悲しい」とリプライが寄せられ、出版社の対応を批判する声が上がりました。

殺戮モルフ2巻(秋田書店のサイトより)

 その後外薗さんは13日、行き違いがあったとして、編集者との和解を報告。出版社側が、有害図書指定されないように慎重になり過ぎており、さらに年末進行や外薗さんの発作が重なり対処できなくなっていたと説明しています。

 問題のシーンのあるエピソードは、外薗さんのホラー漫画試し読みサイトで公開するとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう