ニュース
» 2017年12月14日 11時55分 公開

平野綾、山本彩、松村沙友理の「ハレ晴レユカイ」が話題に 「FNS歌謡祭」で魅せた”涼宮ハルヒ愛”

魔法以上のユカイが降りそそいでた。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 声優で舞台女優の平野綾さん、NMB48の山本彩さん、乃木坂46の松村沙友理さんが12月13日、フジテレビの音楽番組「FNS歌謡祭」第2夜で、テレビアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」のEDテーマ「ハレ晴レユカイ」を生披露。Twitterでは同曲の名前が一時トレンド入りするなど、ネットを中心に盛り上がりを見せました。

涼宮ハルヒの憂鬱 ハレ晴レユカイ 平野綾 NMB48 山本彩 乃木坂46 松村沙友理 FNS歌謡祭 左から山本彩さん(長門有希役)、平野綾さん(涼宮ハルヒ役)、松村沙友理さん(朝比奈みくる役)(平野綾オフィシャルブログから)

 「涼宮ハルヒの憂鬱」は、作家・谷川流さんのライトノベルを原作としたテレビアニメ。2006年に放送を開始し、2009年には第1期の全14話と第2期となる新作14話を加えた全28話が放送されました。2016年にはアニメ放送10周年を記念して、アニメ第1期の上映会が開催。チケットは即完売するなど、現在でも根強いファンを抱える人気作です。

涼宮ハルヒの憂鬱 谷川流 ライトノベル 角川スニーカー文庫 原作第1巻(Amazon.co.jpから)

 平野さんらは、番組内の「アニメソング名曲メドレー Part2」で登場。平野さんは作中で演じた涼宮ハルヒ役、山本さんは長門有希役、松村さんは朝比奈みくる役でダンスと歌を披露しました。みくる役の松村さんは、作品を意識したピンクのウェイトレス姿で臨んでおり、胸元の名札まで完全再現する力の入れよう。

涼宮ハルヒの憂鬱 ハレ晴レユカイ 平野綾 NMB48 山本彩 乃木坂46 松村沙友理 FNS歌謡祭 カメラワークもほぼ原作通りという完成度(平野綾Instagramから)

 というのも、松村さんは原作のラノベから作品にハマっており、放送後に更新した「755」の投稿では、「アニメも リアルタイムでみて ハレ晴レユカイと 恋のミクル伝説を匿名で 中学校のリクエスト放送に持って行っていた」との学生時代のエピソードを披露。「私の人生の大半に ハルヒがいて」と並々ならぬ作品愛を告白しており、「未来人として中学生の自分に『生きていたら 良いことあるよ(ハート)』って こそっと伝えに行かなきゃ、、、。こそっとね(ハート)」と、みくるを意識したコメントまでつづっていました。

涼宮ハルヒの憂鬱 ハレ晴レユカイ 平野綾 NMB48 山本彩 乃木坂46 松村沙友理 FNS歌謡祭 ハルヒ愛をつづった松村さん(「755」松村沙友理から)

 また、山本さんも、「ハレ晴レユカイ」は学生時代に友達と踊っていたようで、「こうしてご本人様と歌わせて頂けるとは思っていませんでした」と3ショットの写真付きでツイート。キャラソンもチェックしており、「でも、同じくらいキョンver.も好きで聴いてました...いつの間にか巻き込まれ妄想が〜はびこる♪」と続けてツイートすると、それをキョン役の声優である杉田智和さんが「いいね」するという事態まで発生しました。さすがだ。

 そんな2人とともにステージを盛り上げた平野さんは、意外にも歌番組の生放送は今回が初めてだったらしく「めちゃくちゃ緊張していて……」と当時の心境を告白。出演に際しては、長門役の茅原実里さんと、みくる役の後藤邑子さんにも事前に連絡をしており、「『ハルヒをもっと知ってもらえるように頑張ってきます』と伝えたら、『私たちの分まで思いっきりやってきて!!』と言ってくださいました」とのやりとりがあったことを伝えています。共演した山本さんと松村さんについては、「お話していて好きって気持ちを一生懸命伝えてくれるのが本当に可愛くて……(ハート)」「ハレ晴レユカイの振りを完璧にマスターしてくれていて、とっても作品愛を感じました!」と言葉を寄せていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう