ニュース
» 2017年12月15日 20時34分 公開

Twitterアプリ開発者、突然のアカウント凍結が相次ぐ Togetterにも影響

ツイートまとめサービス「Togetter」などに影響が出ています。

[ねとらぼ]

 ツイートまとめサービス「Togetter」など、Twitterアプリの開発者から、「アカウントを凍結された」との報告が相次いで寄せられています。

 Togetterの公式アカウントは12月15日、同サービスへのログインがTwitterによって凍結され、一度ログアウトすると再ログインできない状態だと告知。社長のアカウントが凍結された影響と説明していました。

 他の複数のTwitterアプリ開発者もアカウント凍結を報告。原因は開発者ポリシーの「複数の使用目的に対して単一のアプリケーションAPIキーを使用すること、または同じ使用目的に対して複数のアプリケーションAPIキーを使用すること」を禁じる条項に関わっているとしています。Twitterの開発者向けアカウントもこの日、この条項に関して説明するページを「一度ご確認ください」とツイートしています。

開発者ポリシーの該当する箇所
Twitterの開発者向けアカウントがツイートしたページ

 Twitterにこの件について問い合わせたところ、「そのアプリによっても異なる場合がありますので一概に『どれ』とは申し上げられませんが、API関係で凍結されたものは、検証を行った結果なんらかのポリシー/ルールに違反されているためです(なので、違反部分を直していただけると凍結をお戻しできるはずです)」との回答でした。

 開発者からは、事前の告知がなく突然凍結されたことに対して不満の声も上がっています。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう