ニュース
» 2017年12月16日 09時00分 公開

日本の有休消化率、2年連続最下位に 有給取得に罪悪感 休みの日も仕事が気になる

ボクたちは、空気を読み過ぎなんだろうか。

[林美由紀,ねとらぼ]

 日本の有休消化率が、昨年に続き2年連続世界最下位になったという調査結果をエクスペディア・ジャパンが発表しました。


有給 有給を消化しない日本人

 毎年恒例の有給休暇の国際比較調査で、世界30カ国18歳以上の有職者男女計1万5081人を対象としたもの。日本人の有休消化率は昨年と同様50%で、半分しか消化できていないことが分かりました。一方、昨年有給取得率が同じくらいの数値だった韓国は、今年は日本に続きワースト2であることは変わらないものの、有休消化率67%と大幅に上昇させました。

 有給取得に罪悪感を感じる日本人は63%で、こちらは世界トップ。さらに「上司が有休を取ることに協力的か分からない」と感じている日本人は33%で、こちらも世界トップ。つまり、有給を取ることに上司が協力的か分からないし、有給取得に罪悪感を感じてしまうため、有給が取りづらく、有給消化率も低くなっているということが推測されます。また有給を取らない理由の1位は「緊急時のために取っておく」という、日本人らしい慎重さが垣間見える結果に。


罪悪感 なんか、こう、取りづらい


上司理解 「有給取ってもいいでしょうか?」の一言が言えない


緊急時 「緊急時」はあまりやって来ないけど、緊急時のために

 そして、やっと「休暇を取る!」という気持ちになったとしても、長い休暇は取りにくく「短い休暇を複数回取る」派が49%、さらに休暇中も「一日中仕事のメールを見てしまう」という人が22%も。心から休むというのは今の日本人にとってなかなか難しいのかもしれません。


短い休暇 できれば、バカンスに飛び出したいけれど


メール トラブルがあったり大事なメールが来てたら困るし

 半面、「転職活動で重要視すること」の調査の1位が「より多くの有給が取得可能」であることとなっており、有給が取得できることを転職で重視しているにもかかわらず、実際には使わないし、なんとなく使いづらい……という、ちょっと悲しい結果に。有給は欲しい、でも使えない……一体どうすればいいんでしょうね。


転職有給 たくさんの有休を取りたいと転職するも……

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう