コラム
» 2017年12月16日 11時00分 公開

【マンガで雑学】静岡県には住める「新幹線」がある

ごみ収集日もある新幹線。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 10秒で読める「マンガで雑学」のお時間です。今回のテーマはこちら。

静岡県には住める「新幹線」がある



解説

 静岡県函南町(かんなみちょう)には、「新幹線」という地名があります。同町のWebサイトを見ると「新幹線」のごみ収集日、水道検針などの生活情報が掲載。当然、「新幹線公民館」だって存在します。同町には、東海道新幹線が通過する新丹那(しんたんな)トンネルがあり、その工事関係者の宿舎があった場所が不思議な地名の由来になったとか。

 なお、函南町には、新丹那トンネルよりも先に、丹那トンネルが作られました。このトンネルは、工事中の崩落事故などにより67人もの犠牲者が出てしまったことで有名。「新幹線」は、鉄道を走らせることの難しさを知っているからこそ生まれた呼び方なのかもしれません。


線路のない場所に「新幹線」(Googleマップより)


看板にもちゃんと「新幹線区」と書かれています(Googleマップより)


函南町のWebサイト上でも「新幹線」が地区名として登場(B地区の10番目に記載)

参考


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう