ニュース
» 2017年12月19日 09時21分 公開

Twitter、ヘイト行為に関する新ルール施行 プロフィールでのヘイト表現も禁止に

「ユーザー名」「自己紹介」などのプロフィールページでのヘイト行為も禁止となります。

[ねとらぼ]

 Twitterは12月19日、ヘイト行為や攻撃的な行為を減らすためのポリシーを施行開始したと発表しました。

Twitter ルール Twitterの発表

 Twitterのルールではこれまでもヘイト行為や攻撃的行為は違反となっていました。今回の変更では、何をヘイト行為と見なすのかを明確化した他、これまで違反としていなかった「ユーザー名」「自己紹介」などのプロフィールページの部分も対象に含めることに。

 具体的には、「暴力を使用または推奨するグループに関係するアカウント」を禁止。対象には、Twitterの内外にかかわらず、暴力行為を実行、助長する活動に関与しているグループが含まれます。

 また「暴力や暴力行為を賛美するコンテンツ」も禁止となります。暴力的行為やその加害者を推奨して模倣するように促すこと、特定のグループに所属している人をターゲットにすることなどが禁止されます。このようなツイートがあった場合、Twitterは削除を要請。違反行為が繰り返される場合はアカウントを永久凍結します。

Twitter ルール Twitterルールの「暴力および身体的危害」の項目

 また嫌がらせの禁止に関するルールを拡大し、「ユーザー名、表示名、プロフィールの自己紹介」の部分に、暴力的脅迫、攻撃的中傷や暴言、人種差別的や性差別的な表現などを含むアカウントには永久凍結を含めた執行措置を取ります。ヘイト表現を伴う画像も「不適切なメディア」に含まれるようになります。

 Twitterでは、ユーザーからの報告に加え、違反アカウントを発見できる社内ツールの開発も予定しているとのこと。

 「ヘイト行為などはそれぞれの方によって感じ方や許容範囲が異なるものではありますが、Twitterを利用されるすべての方々が不安を感じず、安心してそれぞれの視点で意見を伸べることができる場にすることを目標としています」(Twitter)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう