ニュース
» 2017年12月20日 11時00分 公開

スイカからバラが咲く……! 果物やせっけんを美しい彫刻に変えるカービングがすごい

果物を彫るときは時間との戦いなのだそうです。

[林美由紀,ねとらぼ]

 果物や石鹸を美しく彫る指先の魔術師がネットで注目を集めています。TwitterWebサイトで作品を公開しているのは、「atelier SATOカービング教室 」主宰の佐藤朋子さん。

 佐藤さんは、果物やせっけんに花、魚、細かな模様を彫ったカービング作品を公開しています。作品は、本人もお気に入りという炎の模様を刻んだりんご、スイカに彫った立体的なバラ、せっけんに彫った登り鯉など、細やかな手仕事が光るものばかりです。こうした魔法のような作品について、佐藤さんにお話を聞いてみました。


美しい模様 緻密で美しい模様

――とても緻密な繊細な模様ですが、1つの作品を作るのにどれくらいかかりますか

佐藤さん 作品のデザインによって異なりますが、だいたい時間から数時間といったところです。ファイヤーパターンのリンゴは1時間ほどででき、スイカに複雑な模様を彫るときでも3〜4時間で完成させるようにしています。素材が生の果物や野菜なので、即興性が必要になり、何日もかけるということは基本的にはありません。緻密なせっけん作品になると数日かけることもあります。


スイカバラ スイカに彫ったバラ。大きな模様は意外と難しいのだそうです


雪の結晶石鹸 雪の結晶モチーフのせっけんの作品

―― ファイヤーパターンのりんごはなぜ変色していないのでしょうか

佐藤さん りんごを彫る場合は、普通に食べるときと同じように塩水に浸けることで変色を防いでいます。時々浸けながら彫り進め、なるべく早く仕上げるようにしています。


ファイヤーパターン 佐藤さんもお気に入りだというりんごのファイヤーパターン


ファイヤーパターン2 切ってもいい雰囲気です

―― どのような道具を使っているのでしょうか

佐藤さん フルーツカービングもソープカービングも、模様を彫るときに使うのはカービングナイフという専用の小さなナイフ1本だけです。


ナイフ 佐藤さんが彫るときに使用しているカービングナイフ

―― カットするのに難しいフルーツ、簡単なフルーツはありますか?

佐藤さん そのフルーツの硬さによって、美しく彫れるかどうかが違ってきます。例えばメロンなら、完全に熟した食べ頃より少し前の実がしっかり硬いものの方が、模様をシャープに彫ることができます。


ハネデデューメロン ハネデューメロンは果実がしっかりして彫りやすいのだとか


聖護院大根 冬の京野菜、聖護院大根

 佐藤さんは、学生のころから木工を中心に作品を制作していたそうで、2004年にフルーツカービングを知り、単身本場タイへ。帰国後、「atelier SATO フルーツ&ソープカービング教室」を開講し、カルチャー教室講師、イベントやテレビでの展示などに携わっています。他の作品は佐藤さんのWebサイトで見ることができます。数時間でこんなに細やかで美しい作品ができあがるなんて、もう、感嘆するしかありません。


梅に鶯透かし唐草 今年の年賀状用に彫ったという梅に鶯透かし唐草


登り鯉 せっけんに彫った登り鯉

画像提供:佐藤朋子(@atelier_SATO)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう