ニュース
» 2017年12月21日 08時00分 公開

「NAVITIME」に社畜向け神機能追加 「終電後に帰れるルート」で始発を待たずに料金を抑えて帰る方法を提示

飲み会の日によく終電を逃してしまう人に。

[宮原れい,ねとらぼ]

 ナビタイムジャパンが配信するAndroid向けナビゲーションアプリ「NAVITIME」にて、飲み会などでつい終電を逃してしまった人に、その日のうちに自宅に帰る方法を提示する「終電後に帰れるルート」が提供開始。iOS向けアプリにも近日対応が予定されています。


ナビタイム 終電後に帰れるルート NAVITIME 自宅最寄り駅までの終電が行ってしまったときに

 自宅最寄り駅までの終電後、電車・深夜バスを含む公共交通機関で行けるところまで行き、そこからタクシーを使って帰るルートを教えてくれる機能で、使う際の特別な設定は不要。「終電検索」や終電前後時刻発の「ルート検索」時に通常の検索結果に加えて、対象のルートがある場合に「終電後に帰れるルート」を提示してくれます。なお料金は無料。


ナビタイム 終電後に帰れるルート NAVITIME 「終電後」がついたルートが表示されます

 これまで同アプリの終電後のルート検索では、始発電車やタクシーのみを利用したルートや、電車とタクシーを利用する「タクシー優先ルート」が提示されていました。今回の機能は、一本でも遅い電車・バスを使うことに特化し、さらにタクシーを組み合わせることで料金を抑え、始発を待たずに自宅に帰れるルートを表示することが可能となっています。


ナビタイム 終電後に帰れるルート NAVITIME いつも通りの検索からプラスで提示されます

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう