ニュース
» 2017年12月21日 19時00分 公開

雑誌『AERA』が再びネコ化 グラビアも特集記事もネコちゃんだらけの1冊に

「石破茂・元防衛大臣が政界で一番ネコに好かれてる」説も検証します。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 ニュース週刊誌『AERA』は、丸ごと1冊ネコニュースに特化した増刊『NyAERA(にゃえら)またたび』を12月21日に発売しました。定価は780円(税込)。


NyAERAまたたび AERA増刊『NyAERA(にゃえら)またたび』

 表紙を飾るのは動物写真家・岩合光昭さん宅のネコ、海(かい)ちゃんと類(るい)ちゃん。海ちゃんは岩合夫妻が最初に迎えた子で、岩合さんがネコを撮るきっかけにもなった伝説のネコちゃんです。

 全編を通してのテーマは「ネコのためにできること」。2016年12月発売の『NyAERA』第1弾で取り上げた「ネコの寿命が30歳に」の続報として、愛猫の健康を守り、1日でも長く一緒に暮らすためにできることを各方面で取材しています。


NyAERAまたたび 2016年12月発売の『NyAERA』第1弾 表紙はシナモンさんでした

 巻頭グラビアでは、もぎり猫のジロリ、夢二郷土美術館の黒の助、障子クライマーのサバ身とトラ身など、ネコ界の新星たちを特集。「現代の肖像」のネコ版「現代のニャン像」には、芥川賞作家で『猫にかまけて』の著者でもある町田康さんが登場します。

 インタビューページには、自身も15匹のネコと育ち、「劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き」のナレーションを務めた吉岡里帆さんや、「政界で一番ネコに好かれてる説」がウワサされる石破茂・元防衛大臣が登場。人気の連載も軒並みネコ化し、たっぷりとネコを堪能できる1冊になっています。




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう