ニュース
» 2017年12月22日 15時00分 公開

なんだこの存在感は! 「ワーゲンバス」な冷蔵庫がオシャレすぎる 蔦屋家電で限定販売 (1/2)

冷蔵庫なのにかっこよすぎ。

[岩城俊介,ねとらぼ]

 二子玉川 蔦屋家電で12月21日から、スロベニアの家電メーカー ゴレニア(gorenje)とフォルクスワーゲンのコラボ冷蔵庫「1ドア冷蔵庫レトロ・スペシャルエディションOBRB152」の先行予約受付が開始されました。

photo ワーゲンバスをモチーフにした「ゴレニア 1ドア冷蔵庫レトロ・スペシャルエディションOBRB152」

 一目見ただけで、あの「ワーゲンバス(フォルクスワーゲン タイプII)」が思い浮かびます。美しく丸みを帯びたデザインを特長とする「ゴレニア・レトロ・ミニ ORB152」をベースに、ワーゲンバスのホワイト/ライトブルー、ホワイト/レッドで塗り分けられたVカーブ型のフロントマスクと「VW」のロゴを配置することで、「まんまワーゲンバス」のたたずまいを実現しました。そのカッコよさ、ウチに置いたらどうだろうかなどと妄想するとため息が出ます。

photo フォルクスワーゲン タイプII

 カラーはベビーブルーとバーガンディの2色。本体サイズは600(幅)×670(奥行き)×1540(高さ)ミリ。総容量は260リットル(冷蔵235リットル/冷凍25リットル)です。庫内をイオン化した空気で均一に循環するという「SynamiCooling」、湿度コントロール機能付きの野菜室、高さを調整できるドア裏のスライド棚などを備えます。家族向けとしては少し小型かもしれませんが、単身者やオフィス、あるいはプライベートルームやガレージなどへ置くサブ冷蔵庫としての活用シーンが提案されています。

 価格は33万8000円(税別)。限定数は各色25台。反響が大きければ追加販売の可能性もあるそうです。

photo 主な仕様と価格
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.