ニュース
» 2017年12月23日 16時45分 公開

芝生でゴロゴロしながらコーヒーが飲める 1日限定「芝生カフェ」開催費をクラウドファンディングで募集中

芝生でゴロゴロ寝転がりながらカフェタイム、クラウドファンディングの期限は1月12日まで。

[エンジン,ねとらぼ]

 芝生の上でコーヒーを楽しむことができる「芝生カフェ」が、Readyforにて1日限定オープンのためのクラウドファンディングを行っています。


芝生カフェ 芝生の上でコーヒーなんてはじめてかも?(Readyforより)

 クラウドファンディングを立ち上げたのは、京都産業大学経営学部伊吹ゼミ8期生のみなさん。古い歴史を持ちながらも人通りが少なくなっている大学付近の新大宮商店街を盛り上げようと、このプロジェクトを立ち上げました。


芝生カフェ 芝生カフェにチャレンジする京都産業大学経営学部伊吹ゼミ8期生(Readyforより)


芝生カフェ 舞台となる新大宮商店街の方と話す学生たち(Readyforより)

 芝生カフェのテーマは「スローライフなカフェ」。「TAMARIBA」にて1月14日の10時から18時まで営業します。ゆったりとした雰囲気を持つ商店街の良さを生かすため、店舗内に青々とした芝生をセッティング。商店街のお店のテイクアウト商品を店内で楽しむことが可能で、マットを敷いたり寝転がったりして自由に過ごすことができます。

芝生カフェ お店の中に一面の緑! 寝転がったりするのも自由(Readyforより)

芝生カフェ 芝生カフェの外観(Readyforより)

 クラウドファンディングの期限は1月12日23時まで。目標金額は装飾品や著作権許可に使用するための25万円で、12月22日現時点で5万円以上集まっています。目標額を達成した場合にのみ支払われる「All or nothing」方式で、出資者にはリターンとしてイベント当日にドリンクやフードが1品無料になるコースなどが用意されています。

 イベント終了後も芝生カフェのみに止まらず、商店街の魅力を生かした中長期的なプロジェクトを段階的に行い、商店街全体をスローライフなカフェ街として盛り上げていく予定です。


エンジン


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう