ニュース
» 2017年12月25日 21時00分 公開

チョーヒカルのゲテモノデート:そんなところも食べれるの? 女2人で“ヤギの金玉”を食べてみた

実物も見せてもらいました。

[チョーヒカル,ねとらぼ]
チョーヒカル ゲテモノ
チョーヒカル ゲテモノ

 体にリアルなペイントを施したり、漫画やイラストを描いたり、映像作品なども制作しているチョーヒカルです。毎月、嫌がるねとらぼ編集部ののとを引き連れて“ゲテモノ”の食レポをしていきます。


チョーヒカル プロフィール

1993年3月29日、東京都出身。

2016年 武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科を卒業

体や物にリアルなペイントをする作品で注目され日本国内だけでなく海外でも話題になる。多数のメディア出演に加え、SamsungやAmnesty International、資生堂など企業とのコラボレーションや、国内外での個展など多岐にわたって活動している。ペイントの他にも衣服のデザイン、イラスト、立体、映像作品などを制作。衣服ブランドMelantrick Hemlight,タイツブランドtokoneとのコラボレーションや、ポスター、スマートフォン向けアプリのイラストやキャラクターグッズのデザインも行っており、自身初の漫画『ストレンジ・ファニー・ラブ』が絶賛発売中。



チョーヒカル ゲテモノ

第2回目:米とサーカス

チョーヒカル ゲテモノ
チョーヒカル ゲテモノ
チョーヒカル ゲテモノ

 第2回目に訪れたのは、東京都新宿区、高田馬場駅から 徒歩約1分のところにある「米とサーカス」さん。西武新宿線と山手線に挟まれた細い路地にあるお店は、レトロな張り紙や音楽にあふれた懐かしい空間が広がり、隠れ家のような雰囲気。鹿や熊、イノシシなどのジビエ肉をはじめ、イナゴやハチノコなどの昆虫、海馬酒(タツノオトシゴのお酒)やにんにく酒といった自家製薬膳酒などさまざまな珍味を取り扱っています。

 今回頼んだのは、ヤギの金玉のルイベ。酔わずに食べられるかということで冬虫夏草酒も勢いづけに注文してみました。

チョーヒカル ゲテモノ
チョーヒカル ゲテモノ




チョーヒカル ゲテモノ




チョーヒカル ゲテモノ

チョーヒカル ゲテモノ

チョーヒカル ゲテモノ
チョーヒカル ゲテモノ
チョーヒカル ゲテモノ

 冬虫夏草は、昆虫の動物性タンパク質を栄養源として育つキノコのこと。漢方や薬膳料理などにも使われ、免疫力アップや老化防止、生活習慣予防といった効果/効能があるとされていますがその見たはグロテスク。幼虫からにょきにょきとのびた触手のようなきのこが、「風の谷のナウシカ」の王蟲にしか見えません。

 飲んでみると、薬膳酒だけあってアルコールのような匂いが口いっぱいに広がり、熟成させたフルーツのような甘みのある香りが鼻を抜けるマイルドな味わいに変化。後味は、少し土やカビのような独特の苦味がありました。


チョーヒカル ゲテモノ

 さて。少しクセの強い乾杯も終わり、いよいよヤギの金玉です。ルイベなので凍った状態で出てきますが、 食べごろは桜色の身がツヤツヤとした光沢を帯び始める半解凍。しょうゆとお好みでにんにく、ショウガをつけて、男性方になんだか申し訳ない気持ちを抱きながら、いただきます。

チョーヒカル ゲテモノ なんかすいません

チョーヒカル ゲテモノ

チョーヒカル ゲテモノ

チョーヒカル ゲテモノ

チョーヒカル ゲテモノ
チョーヒカル ゲテモノ

 食べる前こそ抵抗はありましたが、いざ食べてみると半解凍の身は、口の中に入れるとシャリッと音をたてて、トロッと溶けだしプニプニした食感に。脂ののった白身魚の刺身のようだったり、レバ刺しのようだったり、白子のようでもあったりするミルキーな味わいで、多少の生臭さはありますが生姜とニンニクをアクセントに冬虫夏草酒も進み、軽く一皿空けてしまいました。

 牛肉や豚肉、鶏肉や羊肉ほどなじみの少ないヤギ肉ですが、羊よりも脂肪が少なく高タンパク。沖縄では別名ヒージャーと呼ばれ、貴重なタンパク源として親しまれています。ヤギ料理専門店などもあり、刺身や骨から内臓まで丸ごと1頭(爪やツノは除く)を大鍋で煮込んだヒージャー汁が有名で、金玉目当てで訪れる観光客もいるんだとか。

 今回はお店の方にお願いし、実物を特別に見せてもらえました。


チョーヒカル ゲテモノ
チョーヒカル ゲテモノ
チョーヒカル ゲテモノ

 握りこぶし2個分ほどのサイズでカチコチに凍った状態で出てきた金玉。普段見たり食べたりする機会の少ない部位に、ただただ驚く25歳女2人。“生命の元”を食べて、あらためて生き物の命をいただいて生きているのだなあとあらためて感じました。

チョーヒカル ゲテモノ
チョーヒカル ゲテモノ
チョーヒカル ゲテモノ
チョーヒカル ゲテモノ

チョーのあとがき

 あんなにゲテモノを嫌がっていたノトさんの口から、まさか「金玉食べましょう」なんて言葉を聞くとは。感激でした。

 普段、動物の肉をおいしくいただいている私たち。しかし、もも肉だって胸肉だって私たちが一方的に食べているだけで生き物にとってはただの体の一部で、“食べられるために存在している部位”ではないし、そんな部位はない

 それでも人は生きるために食べる。内蔵だっておいしく食べる。生殖器官を食べることに抵抗がなかったかと言われればウソになるが、金玉だっておいしく食べたっていいじゃないかと思う。

 それにしても、これまで食べ物だと思っていなかった部位を“食べ物”として出されたことによって、もしかしたら人のその部位も食べ物になり得る可能性だってあるんじゃないかと思ってしまいました。

 店に行くまでは、「金玉」がなかなか言えず「コレ」とか「睾丸」とかごまかして呼んでいたのに、店員さんがやたらと「金玉ですね!」と訂正してくるので食べ終わるころには2人とも金玉と言えるようになっていました。めでたしめでたし。


チョーヒカル ゲテモノ
チョーヒカル ゲテモノ


チョーヒカル ゲテモノ
チョーヒカル ゲテモノ


チョーヒカル ゲテモノ ヤギの金玉のルイベ
チョーヒカル ゲテモノ ヤギの金玉、実物です

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう