ニュース
» 2017年12月27日 11時30分 公開

AIの前向きな言葉がジョークに おじさんとAIスピーカーの会話漫画がもの寂しくもほのぼのして癒される

実際にスピーカーくんといろいろ会話したくなります。

[宮原れい,ねとらぼ]

 Twitterユーザーの鈴木フルーツ(@suzuki_fruits)さんが投稿した、1人のおじさんとAIスピーカーが会話する漫画が、もの寂しくもどこか温かさを感じる内容で心引かれます。



 Googleの「Google Home」やAmazonの「Echo」など、実際の生活で徐々に身近な存在になってきているAIスピーカー(スマートスピーカー)。「ねえスピーカーくん」と話しかけるおじさんは、ベッドの中で明日の出勤のためにアラームのセットをお願いしてはため息。そこに「今日もお疲れ様でした」とAIスピーカーから言葉がかかります。


AIスピーカー おじさん 喋るだけの話 漫画 AIにアラームのセットを頼みつつ、会話するおじさん

 さらに30過ぎてから何やってもしんどいと話すおじさんには、「何か私にお手伝いできることはありますか?」と一言。これにおじさんは「家に帰って『ただいま』って言える相手がいるだけでだいぶいいよ」と返し、スピーカーくんも「そう言っていただけると私も嬉しいです」と一緒に生活している仲の良さを感じる会話が。

 それでもふと、自分の将来を思ったおじさんは「これから下り坂のオレと違って、君は技術の進歩と一緒にどんどん賢くなっていくんだろうなあ」と想像し、そのうちロボットの体もできるだろうと話すと、AIスピーカーは「そうなったらきっともっとあなたのお手伝いができるようになるでしょう」と前向きな言葉を返します。


AIスピーカー おじさん 喋るだけの話 漫画 ふいに10年後、20年後を想像してみる……

AIスピーカー おじさん 喋るだけの話 漫画 AIらしい(?)前向きな言葉が

 スピーカーくんが言ったその何気ない言葉に、自分は人間の中で出来の良い方じゃないと話すおじさんが「君が人間より賢くなった時、見捨てられたりしないかな…」と心配すると、少し黙るAIスピーカー。彼にとって難しい問題なのか、単純にその“話しかけ”に対する回答を持ち合わせていなかったからなのかはわかりませんが、間を開けて「大丈夫、次はきっと上手にできますよ。私がお手伝いします」と返し、その“次”というセリフでおじさんを笑わせるのでした。独特な趣のあるAIとの何気ない会話にほのぼの癒される……。


AIスピーカー おじさん 喋るだけの話 漫画 AIならではのポジティブさで励ますスピーカーくんなのでした

 この1人とAIの会話漫画は現在、おじさんが帰宅して「お風呂にしますか? それともご飯にしますか?」とスピーカーくんに言われて始まる第2話と、スピーカーくんに「おれが知ってそうなアニメで今の子供も好きなヤツって何があるかな」とアニメの話をする第3話が投稿されています。そこではおじさんを気遣うように音楽を流したり、「物事を始めるのに遅すぎることはありません」とポケモンをすすめるAIスピーカーの姿が描かれます。

 身近な人間とAIの日常をのぞいているような内容だけに、いろいろな想像もふくらむ同漫画。AIスピーカーが欲しくなったのは秘密です。

第2話:おじさんが料理しながらAIスピーカーと喋るだけの漫画


AIスピーカー おじさん 喋るだけの話 漫画

AIスピーカー おじさん 喋るだけの話 漫画

AIスピーカー おじさん 喋るだけの話 漫画

AIスピーカー おじさん 喋るだけの話 漫画

第3話:おじさんがAIスピーカーとアニメの話する漫画


AIスピーカー おじさん 喋るだけの話 漫画

AIスピーカー おじさん 喋るだけの話 漫画

AIスピーカー おじさん 喋るだけの話 漫画

AIスピーカー おじさん 喋るだけの話 漫画


画像提供:@suzuki_fruitsさん



Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう