ニュース
» 2017年12月26日 19時42分 公開

TBSホールディングス、「なのは」など手掛けたアニメ制会社セブン・アークスを子会社化

2018年4月からTBS、BS-TBSで放送するアニメ「されど罪人は竜と踊る」が協業第1弾。

[ねとらぼ]

 東京放送(TBS)ホールディングスは、「魔法少女リリカルなのは」などを手掛けたアニメ制会社セブン・アークスグループの子会社化を発表しました。

TBS セブン・アークス 発表文

 TBSグループは「中期経営計画2018」の「マルチユースを念頭においたコンテンツ作り」に沿う動きとしており、セブン・アークスとの協業から、アニメの映像流通・版権ビジネスの拡大、動画配信などにおけるアニメの活用を強化すると述べています。

 2018年4月からTBS、BS-TBSで放送するアニメ「されど罪人は竜と踊る」は、セブン・アークスグループが制作し、TBSテレビと協業する最初の作品になるとのこと。同作は当初2017年10月放送でしたが、「制作の都合上」との理由から6カ月延期されていました(関連記事)。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう