ニュース
» 2017年12月27日 16時36分 公開

新仮想通貨「オタクコイン」発行を検討 コンテンツ業界で利用できる共通通貨として構想

オタクコインを通じて、アニメ制作に直接参加・支援できる仕組みも検討されています。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 アニメや漫画、ゲームといったコンテンツ業界に特化した仮想通貨「オタクコイン」のICO(新規仮想通貨発行)実施に向けた検討を、Tokyo Otaku Modeが開始しました。


イメージ

 現段階では、上記コンテンツ業界で利用できる共通通貨として構想。イベントへの参加費用や物販での支払い、作品やクリエイターへの直接的な支援など、多種多様な支払いへの充当が想定されています。


イメージ オタクコイン流通のイメージ。コンテンツに触れることでオタクコインを入手できる仕組みも考えられています

 著名クリエイターにコインのデザインや決済音などの制作を依頼したり、AR(拡張現実)を介して見えるオタクコインをジャンプして入手したりといった、コンテンツと連携したアイデアも。運営が窓口となり、オタクコインを通じてアニメ制作会社に資金提供を行う、「アニメ製作委員会2.0」という仕組み作りも考えられています。

 検討開始とあわせて、同社は「オタクコイン準備委員会」を設立。映画「この世界の片隅に」のプロデューサーを務めた真木太郎氏と、ジャーナリストの数土直志氏をアドバイザーに迎えるほか、一般ユーザーの意見も受け付けて議論を進めるとしています。また、パートナーとして、ICOコンサルティング事業を手掛けるAnyPayが参画。

 現時点ではICO実施法人は未定であり、実施の約束をするものではないとのこと。実施の目標は2018年の春から夏ごろを目指すとしています。


(沓澤真二)


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう