ニュース
» 2017年12月28日 08時00分 公開

「うんこ出たよ!」をLINEで共有 ワンプッシュで赤ちゃんの排泄をクラウドに記録できる「うんこボタン」登場

ちゃんと記録しておこうね。

[大里ミチル,ねとらぼ]

 144Labは、押すだけで赤ちゃんのうんことおしっこをWeb上に記録できるボタン装置「うんこボタン」のクラウドファンディングを今月28日から開始すると発表しました。ボタンを押すと記録可能となっており、子育て世代の助けになりそうです。一般販売価格は3600円を予定。


うんこ ワンプッシュで排せつを記録

 このボタンは、その名の通り赤ちゃんのうんこやおしっこを記録するためのボタン装置。赤ちゃんが排せつしたあとにボタンをワンプッシュするだけで押した日時やイベント(うんこ、おしっこ)などが記録できる他、指定したLINEグループなどに通知を送ることも可能となっています。


うんこ 忙しい

うんこ 指定されたLINEグループにも通知が行きます

 スマホアプリとは違い、スマートフォンの中ではなくWeb上に記録するため両親だけでなく家族全員でデータを共有・閲覧することが可能となっています。また、Webアプリのみハードウェアがなくても無料で利用が可能とのこと。


うんこ アプリで記録の閲覧が可能

うんこ 製品画像

 「うんこボタン」は2018年4月に3600円で一般販売を予定しているほか、クラウドファンディングサイト「Makuake」にてボタン1個につき定価から10%オフの3240円で販売。先着50人には一般販売価格から30%オフの2520円、次の50人には20%オフの2880円といった早割コースを用意しています。また、育児記録をつけやすい「排せつ・搾乳・睡眠」ボタン3個セットも用意しているとのこと。

※価格は全て税込

(大里ミチル)

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう