ニュース
» 2017年12月30日 12時27分 公開

この中に1人「仮のレジェンド」? 仮面ライダー「平ジェネ」に鎧武、ゴースト、オーズとアンクがそろい踏み

なおちょっとした登山家もいたもよう。

[田下愛,ねとらぼ]

 映画「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」の大ヒットを祝う舞台あいさつが12月29日に行われ、上堀内佳寿也監督の他、「仮面ライダー鎧武」佐野岳さん(葛葉紘汰役)、「仮面ライダーゴースト」西銘駿さん(天空寺タケル役)、「仮面ライダーオーズ/OOO」渡部秀さん(火野映司役)と三浦涼介さん(アンク役)が登壇しファンを沸かせました。

「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」ヒット御礼舞台あいさつ 左から西銘駿さん、佐野岳さん、渡部秀さん、三浦涼介さん、上堀内佳寿也監督

 佐野さんの「ここからは俺の?」や西銘さんの「命?」にそれぞれ「ステージだ!」「燃やすぜ!」のコール&レスポンスが起こり、渡部さんと三浦さんの「ただいま!」には「おかえり!」と元気な声が上がるなど、平成のレジェンドライダーにファンも大盛り上がり。「こないだまでドライブと走っていたので、まだ映画が観れていないんですけど……」と、俳優の竹内涼真さんと共演したドラマ「陸王」の話で「仮面ライダードライブ」にも触れて観客を喜ばせました。

「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」ヒット御礼舞台あいさつ オーズ、鎧武、ゴーストら平成のレジェンドライダーそろい踏み!

 舞台上でのトークは、佐野さん、西銘さん、上堀内監督の3人でスタート。3年ぶりにライダーを演じた佐野さんは髪型が変わったせいか、現場では上堀内監督から「紘汰じゃない!」とダメ出しを受けていたそうです。上堀内監督は、「心の中で『ちょっとした登山家が来たぞ』と思っていた」と明かしながら、「顔つきがきりっとして、人としても役者としてもどんどん伸びて帰ってきてくれて、そこがうれしかった」と佐野さんの成長ぶりを喜びました。

「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」ヒット御礼舞台あいさつ 劇中では橋の上で飛ぶシーンがあった佐野さん。「ちょっと鈍かったら、そのままぴょーんと下に落ちて人生クランクアップでした」

 2年ぶりとなる変身に「すごい気合を入れて現場に行きました」と話したのは西銘さん。しかし、監督から「『ありがとうございます!』っていう感じが一番レジェンド感がなかった」と当時と変わらない初々しさを暴露され苦笑い。

 自らを「仮のレジェンド」と称し、「本物のレジェンドのみなさんはオーラが凄くて、とんでもない気持ちになりました。僕なんてもう本当に影が薄い……ゴーストだけに」と自虐コメントも口にするようになると、監督から「変身はかっこよかった。目つきが違う。やっぱり死ぬのを繰り返すと違うのかな」という称賛(?)の言葉も贈られました。

 その後、「気持ち的にはまだ仮の状態なので、本物の状態をもっと身につけて、10年後、20年後、立派な姿で、きりっと登山家のような顔になって戻ってきたい」と抱負を語った西銘さん。“登山家”佐野さんから「ちょっとディスってるだろ!」とツッコまれていました。

「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」ヒット御礼舞台あいさつ 先輩が並ぶ舞台あいさつに「オーラで負けないように赤の衣装でがんばってきた」と西銘さん

「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」ヒット御礼舞台挨拶 後輩の西銘さんからディスられつつ「今後も、いろいろなところで皆さんとお会いできるようにがんばってきたい」と前向きなあいさつ

 舞台トークの後半は、渡部さんと三浦さんが登場。6年ぶりにコンビで復活した2人ですが、渡部さんは「すごく自然な流れだった。オーズとしてもう一度という話を聞いてからいろいろと考えて、りょんくん(三浦さん)に相談するまであっという間で、流れがすごく運命的だった」と感慨深げに語りました。

「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」ヒット御礼舞台あいさつ 「メダルが割れてから旅に出ていた映司が新たなスタートを切れるいい作品にしたかった」と本作出演に当たって内容にもこだわり、映司がアンクを回想するシーンでは自ら場面を選んだという渡部さん

 三浦さんも「今年30歳になったんですけれど、いろいろなことを考え始めて、プライベートでもお仕事でも求めてもらえることが減ってきている中で、待っていてくださる方たちがいる間に何かしておこうかなと」と出演を決めた理由を明かしました。

「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」ヒット御礼舞台あいさつ アンク三浦さん。MCの「アンクだったらいつでも待ってますよね」の言葉には客席から温かい拍手が起こりました

 なお、上堀内監督は現場で2人にあまり指示を出さなかったものの、渡部さんから放たれる「無駄な貫禄」(上堀内監督談)を「何か嫌、かわいげがない」と思っていたとのこと。「オーズ」当時は19歳だった渡部さんは、「当時は、大人っぽくいなきゃという思いが強かったんで、昔からそういうクセがついちゃった」と弁明するも、三浦さんも「何が当時と今回変わりましたかって質問されるんですが、(渡部さんが)かわいげがなくなった。当時は、すごくたくさん食べるかわいげがあったのに今は『朝はあまり食べないんです』とか」と監督に同調し渡部さんを慌てさせました。

「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」ヒット御礼舞台あいさつ 同い年の三浦さんと上堀内監督から「かわいげを取り戻した方が」とまで言われてしまった渡部さん26歳

 レジェンドライダーたちが思い思いに語った舞台あいさつ。最後、渡部さんが「僕たちも当時は、先輩役者さんから励ましやお力添えをいただいて進んできた仮面ライダーだった。またこうして、僕らが返していける立場になって皆さんに作品をお届けできるのがすごく光栄。何よりもりょんくんがアンクとして帰ってきてくれて、『オーズ』チームとしてしっかりとした次なるステップを踏めるいい作品になったと思います。また、もし機会があれば、りょんくんの力も借りて、何かの形で皆さまの前に現れたい」と締めくくりました。

「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」ヒット御礼舞台あいさつ それぞれのポーズで決める戦士たち


(C)「ビルド&エグゼイド」製作委員会  (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

田下愛

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう