ニュース
» 2017年12月30日 19時35分 公開

偽の通報「スワッティング」で市民が警官に射殺される ゲームでのトラブルに巻き込まれた可能性

亡くなった男性は発端とされるトラブルには無関係でした。

[ねとらぼ]

 偽の通報で他人の家に警察を送り込む「スワッティング」と呼ばれる行為により、一般市民が警官に撃たれて死亡する事件が米カンザス州で起きました。被害者は無関係なゲームでのいさかいに巻き込まれたとみられています。

 現地時間12月28日、同州のウィチタ警察に「父親が撃たれて死に、犯人が家族を人質を取っている」という通報が入りました。警官が現場とされた家に駆けつけ、家から出てきた28歳男性に手を挙げるよう指示しましたが、男性が従わなかったため撃ったといいます。この通報はウソであり、「スワッティング」であったことが分かりました。

 スワッティングの原因については、ゲーム対戦をめぐるトラブルではないかと指摘されています。報道によると、ゲームサイト「UMG Gaming」で1.5ドルを賭けた「Call Of Duty」の対戦をめぐってプレイヤー2人の間で口論になり、一方がスワッティングをすると脅し、もう一方がやってみろと挑発して他人の住所を教えたとのこと。亡くなった男性はゲームをしないと家族がメディアの取材に語っており、無関係のトラブルに巻き込まれたことになります。

原因とされる対戦があったUMG Gaming

 UMG Gamingはこの事件について、捜査当局に協力するとコメント。その後、ロサンゼルス警察が偽の通報をした疑いで容疑者を逮捕したと報じられています

 FBIの推定ではスワッティングは1年に約400回起きているとのこと。ジャスティン・ビーバーさんなどの有名人も被害を受けたことがあります。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう