ニュース
» 2017年12月30日 20時45分 公開

「いきなり差し押さえはあり得ねぇ」 山梨県警察による架空請求ハガキへの全力ツッコミが分かりやすい

ナイスツッコミ!

[宮原れい,ねとらぼ]

 山梨県警察の公式Twitterアカウント(@YamanashiPolice)が、「架空請求ハガキ」にだまされないようにハガキの内容にツッコミを入れてみたツイートが「ためになる」「キレッキレ」だと話題になっています



 対象は、以前より報告が相次いでいる類の「消費料金」を請求するハガキで、まずはそのタイトルについて、「いつ何を消費した料金だよ?」とツッコミ。続く「訴訟最終告知のお知らせ」という文章には「『腹痛が痛い』みたいだな」と指摘し、ハガキに書かれた「貴方の利用されていた契約会社、もしくは運営会社」の部分についても「一体どこのどんな会社だ?」と、重要なはずの情報がないことに対してツッコミを入れています。

 他にも「管理番号(わ)309」に対して「ちょっとだけリアル感あるけど詰めが甘いわ」と知らないとできないツッコミを入れていたり、不明な「原告側」に「だから一体どこの誰だよ?」と当然の疑問をぶつけたり。また連絡がない場合は差し押さえを強制的に執行するという文章に「おいおい、いきなり差し押さえはあり得ねぇだろう」のツッコミや、最後に書かれた「プライバシー保護の為……」の部分には「ハガキで送っといて何言ってんの? お前がプライバシーに配慮しろよ!」と、確かにとしか言えないガチのツッコミが。


架空請求ハガキ ツッコミ 山梨県警察 Twitter 架空請求ハガキにツッコミ入れてみた結果(画像:山梨県警察の公式Twitterアカウントより)

 なお一例としてツッコミが行われた架空請求ハガキは、送り主が「法務省管轄支局」となっていますが、そんな部署はないというツッコミもあり、さらに書かれた住所・電話番号で検索すると「不当請求」「架空請求」がヒットするとしています。

都のサイトには架空請求事業者等一覧もあります

 山梨県警察は、上記のようにツッコミどころ満載の架空請求でも初めて見た人は驚いてだまされてしまうとして、詐欺への抵抗力を高めて見破るためにも、今回の内容を家族などに共有するよう呼びかけています。

 そしてこのような架空請求に書かれた連絡先には絶対に連絡せず、山梨県警察のツッコミのように部署・住所・電話番号をネットで検索して確認したり、分からず不安な場合も警察に連絡するようにしましょう。


架空請求ハガキ ツッコミ 山梨県警察 Twitter 悩む前によく読んで心の中で指摘・ツッコミすれば騙されずにすみそうです

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう