ニュース
» 2018年01月04日 18時00分 公開

光が回る謎のUFO その正体は……?

本格的すぎる!

[かのん,ねとらぼ]

 アメリカ・アイダホ州に住むBrett Wさんが作った鶏小屋がいろいろな意味で驚異的です。

 巨大な銀色の楕円形の物体。側面にはピカピカと横に一周するライト。こんなところにUFO!? そのUFOらしきものに立てかけられたハシゴには、ニワトリがトコトコ……って、ニワトリ!?

鶏 UFO?!

 そう、このまるでUFOな巨大な物体の正体は鶏小屋。あまりに立派な外観に、まさか鶏小屋だとは想像もつきません。

 この鶏小屋の制作工程は情報サイト「BackYardChicken」の記事にが掲載されています。Brett Wさんは、UFOオタクとしてこの形を採用したとのこと。しかし形は突飛ですが、外も中もニワトリたちが快適に過ごせるようにとさまざまなことを考えて作られています。

 アイダホは冬の寒さが厳しいので壁には断熱材を貼り付け、セラミックヒーターも取り付けてあります。背面には穴をあけてハッチを作り、食べ物を入れたり掃除をしやすくしたりするだけでなく、夏の間の換気にも気を配っています。屋根は防水仕様の素材を使ったうえにさらに防水効果のあるアルミニウムの塗料を塗って仕上げ。本体の横にはLEDライトを一周させ、UFOらしさをプラス。中も広々としています。

鶏 続々と中に入っていくニワトリたち

 あまりにも外観が本格的にUFOらしく、そして鶏たちのために至れり付くせりのこの鶏小屋。ニワトリたちは警戒しながらも、なぜかみんな次々と中に入っていきます。ニワトリたちを引きつける何かがあるのでしょうか。

鶏 宇宙人にさらわれているかのよう……

 まるでニワトリたちがUFOにさらわれているように見えるのは気のせいではないでしょう……。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう