ニュース
» 2018年01月08日 14時11分 公開

週末珍ゲー紀行:死の間際に老人は何を願ったのか RPGツクールで世界の涙腺を緩めた男の新作「Finding Paradise」

人生のハッピーエンドについて考える。

[Ritsuko Kawai,ねとらぼ]

 2011年に発売され、すばらしいドット絵と音楽で世界中を魅了した、RPGツクール製アドベンチャーゲームTo the Moon。その作者の新作Finding Paradise(PC/Mac/Linux)が先日発売されました。残念ながらまだ日本語はサポートされていませんが、海外のゲームファンからは早くも絶賛の声が相次いでいる同作。「週末珍ゲー紀行」第14回はそんな「Finding Paradise」を取り上げます。



ライター:Ritsuko Kawai

週末珍ゲー紀行

カナダ育ちの脳筋女子ゲーマー。塾講師、ホステス、ニュースサイト編集者を経て、現在はフリーライター。下ネタと社会問題に光を当てるのが仕事です。洋ゲーならジャンルを問わず何でもプレイしますが、ヒゲとマッチョが出てくる作品にくびったけ。Steamでカワイイ絵文字を集めるのにハマっています。趣味は葉巻とウォッカと映画鑑賞。ネコ好き。




患者の記憶を書き換え「幸せな最期」を提供する技術者の物語

 世の中にあふれる“変なゲーム(珍ゲー)”を紹介する「週末珍ゲー紀行」。第14回は、2011年にRPGツクールを使って世界中を感動させたゲーム開発者の新作Finding Paradiseを紹介します。人がその一生を終えるとき、私たちは何をもって生きた証を定義するのか。本当の意味で人生のハッピーエンドとは何なのか。時に曖昧で儚くも、人が歩んだ軌跡に何らかの意味を刻んでくれるもの。記憶について考えさせてくれる作品です。

 あなたは死ぬ前に成し遂げたい事柄をリストにしたことはありますか。そうした願いを書き出したメモのことを、英語では「Bucket List」(バケツリスト)と呼びます。2007年のアメリカ映画「最高の人生の見つけ方」では、余命宣告された2人の末期がん患者たちが自分たちのハッピーエンドに向けてリストを埋めていく最後の旅路が描かれました。もし、そうした最期の願いが実際に叶わなくとも、記憶を書き換えることで理想の生涯を演出できたとしたらどうでしょう。「Finding Paradise」は、死を目前に控えた患者の記憶を改ざんすることで、疑似的なハッピーエンドを提供する技術者たちの物語です。


Findins Paradise

Findins Paradise

 本作を開発したのは、2011年にRPGツクールで制作したアドベンチャーゲーム「To the Moon」で世界的に脚光を浴びたゲームデザイナー、Kan Gao氏。汎用ツールを使った昔ながらの2Dドットからは想像もつかないほど重厚なプロットをはじめ、随所にちりばめられた機知に富んだテキスト、聴くもの全ての琴線に触れる情緒豊かな音楽など、表現手法の枠を超えた強いメッセージ性が高く評価されました。「Finding Paradise」はその続編。前作で死ぬ前に月へ生きたいという患者の願いを“かなえた”2人の研究者が、今度は自身の願いが何なのかすら分からないまま最期の時を迎えた依頼主の記憶にアクセスします。



 実は今作の患者であるコリンは、2014年に発売されたGao氏の短編作品A Bird Storyの主人公です。同作は、同じくRPGツクールを使って、前作と今作をつなぐ実験的なミニエピソードとして制作されました。鳥のように空を飛びたいと夢見る孤独な少年コリンと、ケガを負った一羽の名もなき鳥。彼らの出会いと別れを、一切の言語を使わずにシンボリックな手法で詩的に表現した作品でした。あのとき少年だったコリンが、「Finding Paradise」では死の間際に臥せる老人として再び登場します。旅客機のパイロットとなり夢をかなえたコリンが、人生の最期に何を望んだのか。それを見つけるのはプレイヤー自身です。


Findins Paradise

Findins Paradise

 ゲームというよりは映画。映画というよりは小説。その枠にとらわれない純粋な感性の塊ともいえるかもしれません。現在のところ日本語には対応していませんが、英語が読める人には定価980円をはるかに上回る価値があります。何よりも、他者の感性に触れることで内に芽生える新たな感性は、文化背景や表現形態の枠を超えてプライスレスです。また、本作のメッセージを余すところなく享受したいなら、まず過去作の「To the Moon」と「A Bird Story」をプレイすることを強く推奨します。近年めざましく発展するインディーゲーム界に、まさに可能性という名の希望を示した作品であることは間違いないでしょう。


Ritsuko Kawai


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう