ニュース
» 2018年01月09日 10時00分 公開

東京オートサロン2018:超レア? レストア作業中の「初代ロードスター」を公開 人気車種CX-8、ロードスターRFの純正カスタムカーも (1/2)

これを見るとロードスターがだんだんほしくなってる……。

[agar,ITmedia]

 マツダは、1月12日から開催される千葉県・幕張メッセで開催されるチューニングカー・カスタムカーの総合展示会「東京オートサロン2018」の出展内容を発表しました。

 東京オートサロン2018の出展テーマは「Be a driver. Experience 〜マツダの新しいチャレンジが始まる〜」。3列シートの新型SUV(スポーツタイプ多目的車)「CX-8」(関連記事)、小中型SUVの「CX-5」「CX-3」、4代目(ND型)ロードスター初のマイナーチェンジモデル「ロードスター RED TOP」(関連記事)から、モータースポーツ向けベース車「ロードスターNR-A」といったマツダの各車種を純正オプション品を中心にカスタマイズした「カスタムスタイル」をたくさん展示します。実際の購入時のオプション選びの参考になるスタイルを意識したそうです。

photo 「ロードスターRF CUSTOM STYLE 2018」。エアロパーツとローダウンサスでカスタムされ、内装もアルカンターラ素材を使うことでより上質な1台になるように仕上げたそうです
photo 「CX-8 CUSTOM STYLE 2018」。ローダウンサスと大径アルミホイールでスポーティさを際立たせた純正カスタム
photo 「CX-3 CUSTOM STYLE 2018」。19インチの大径ホイールとエアロパーツで、さらに精かんでスポーティな印象に。レッドに塗られたブレーキキャリパーもちょっと違うぞ感があります
photo ロードスターのレース仕様ベースモデル「NR-A」。ビルシュタイン製車高調整式サスペンション、大径ブレーキローター、フロントタワーバーなどサーキット専用の純正用品を標準搭載し、264万6000円(税込)からオーダーできます

 このほか、「NAロードスター レストア」チームによる展示にも注目です。

 NAロードスター レストアは、1989年発売の初代(NA型)ロードスターを新車のようにリフレッシュする旧車ファン向けの有料サービスです。東京オートサロン2018では、このレストア過程の1つである「下塗り済み状態」の車体骨格が展示されます。

photo 初代ロードスター(NA型)
photo 普段は見られないレストア中の様子を公開

 レストアサービスでは、“新車当時の輝き”を取り戻すためにボディを再塗装するメニューがあります。それは、既存の塗装をていねいに、全てきれいに剥がし、研磨などで下地を整えて、下塗りを行ってから本塗装するという、技術と時間が必要で、それだけ手間とおカネの掛かる行程といいます。「また欲しくなる」「なんだか愛おしくなる」……。通常は見ることのできないレストア作業中のレアな過程、以前乗っていた、当時欲しいと思っていたロードスターファンは必見の展示かもしれません。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.