ニュース
» 2018年01月09日 16時01分 公開

宮崎駿監督の最新作「毛虫のボロ」が3月公開 14分20秒のオリジナル短編アニメーション映画

三鷹の森ジブリ美術館の映像展示室「土星座」で3月21日から。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 宮崎駿監督のオリジナル短編アニメーション映画「毛虫のボロ」が、三鷹の森ジブリ美術館内にある映像展示室「土星座」で3月21日から8月31日(予定)にかけて上映されます。上映時間は14分20秒。

※宮崎駿監督の「崎」はたつさき


 同作は、2013年の「風立ちぬ」以降、宮崎監督が初めて監督を務めた映像作品。草むらの中で卵からかえった毛虫のボロが、毛虫の先輩や外敵が行き来する世界へと踏み出していく物語で、宮崎監督初のCGを使用した作品でもあります。「毛虫のボロ」が上映される3月のチケットは2月10日発売。

 宮崎監督は「風立ちぬ」発表を最後に長編映画からの引退を宣言。2013年9月に開かれた記者会見では「何度もやめるといって騒ぎを起こして来た人間なので、どうせまただろうと思われていますが、今回は本気です」と話していましたが、2017年2月に撤回。新作長編「君たちはどう生きるか」の制作に入ったことを明かしていました。

宮崎駿 ジブリ 毛虫のボロ 引退会見時の宮崎監督

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう