ニュース
» 2018年01月09日 19時32分 公開

焼きたてピザ0秒配達も! トヨタが次世代EVを使ったすごい“マチナカ”サービスを提案

服を買いに行く服がなくても大丈夫、店が来てくれる。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 買い物がしたくなったら、お気に入りのショップが家の前までやってきてくれる──。トヨタ自動車が、そんな未来を実現するモビリティサービス専用EV「e-Palette Concept」を発表。2018年1月9日(現地時間)に開幕した北米最大の家電見本市「CES 2018」で披露しました。


e-Palette トヨタ 自動運転 CES2018 焼きたてピザを0秒配達、e-Palette concept最大の功績はこれかもしれない

 e-Palette Conceptは、トヨタが長年培ってきた「車両制御」の技術を、自動運転技術を研究、開発している企業に開示し、業界や業種の垣根を越えて新世代の社会システムを提案していく取り組みの一環。e-Paletteの仕組みを次世代EV(電気自動車)に搭載し、共有していくことで、人の移動や物流、通販の新たなモビリティサービスの実現を目指します。

 次世代EVとなるe-Paletteの車両全長は4〜7メートルほどで、軽自動車からマイクロバスほどの大きさです。箱型の規格を設けており、ショッピングから物流など、用途に合わせて内装や仕様をカスタマイズできるようになっています。


e-Palette トヨタ 自動運転 CES2018 e-Palette conceptで使われる車両のイメージ図

 e-Paletteプロジェクトは、2020年東京オリンピック・パラリンピックをターゲットにした「サービス実現」を見込み、トヨタとEVの新会社を共同設立したマツダのほか、世界的ピザチェーンのピザハット、通販最大手のAmazon.com、カーシェアリング/ライドシェアサービスを展開する中国 滴滴出行(Didi Chuxing)、タクシー配車サービス最大手 Uberなど世界的に展開する企業やサービスとのパートナーシップを既に締結済みというのもポイントです。カーシェアリングサービスと連携した交通サービスのほか、専門店となる移動型ショップ、焼きたてを0秒で届けるピザ屋といったコンセプトが実現可能な未来のサービスとして提案されています。


e-Palette トヨタ 自動運転 CES2018 極端な話、靴を買いに行く服がなくても大丈夫


e-Palette トヨタ 自動運転 CES2018 気に入った靴が見つかったら、電子決済で支払ってそのままお出かけできる

 さらには集荷や出荷を担う物流サービスとの連携も視野に入れた構想にもなっています。例えば、やや大型のe-Paletteでまとめて運び、目的地付近で中型のe-Paletteへ入れ替えて、さらに小型のe-Paletteが目的地へ届けるといった方法の「自動運転&自動化」が可能です。近年、運送業界では人手不足やオーバーワークが問題視されていますが、こんな社会問題の解決にも大いに期待できそうですね。


e-Palette トヨタ 自動運転 CES2018 集配センターを軸に大型と小型を使い分けた物流網

 なおe-Palette Conceptについてトヨタ自動車は「ごく近未来に実現可能なもの」と考えています。具体的には、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックで一部機能を搭載した車両を投入するとしています。

春山優花里@haruYasy.

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう