ニュース
» 2018年01月10日 16時29分 公開

任天堂、特許権侵害でコロプラを提訴 「白猫プロジェクト」配信停止と44億円の損害賠償を請求

任天堂によると、「タッチパネル上でジョイスティック操作をする際に使用される特許技術」など5件の特許侵害があったとのこと。

[ねとらぼ]

 コロプラは1月10日、同社のスマートフォン用ゲーム「白猫プロジェクト」を巡り、任天堂より44億円の損害賠償とアプリの配信差し止めなどを求める訴訟を提起されたと発表しました



 発表によれば、2016年9月に任天堂から特許権侵害についての指摘があり、その後1年以上にわたり話し合いを続けてきたとのこと。コロプラ側としては「任天堂の特許権は侵害していない」と主張していましたが、結果として主張は受け入れられず、今回の訴訟提起に至ったとしています。今後については、「任天堂の特許権を侵害する事実は一切ない」との考えは変わっておらず、見解の正当性を引き続き主張していくとのこと。

 具体的にどの特許を侵害していたのか、発表文では詳細な説明はありませんが、任天堂に問い合わせたところ「タッチパネル上でジョイスティック操作をする際に使用される特許技術など、5件の特許侵害があった」とのこと。また、コロプラ側にも詳細について問い合わせましたが、裁判への影響もあるため、現在サイトでお出ししている情報が全てとなります」(広報部)とのことでした。



Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう