ニュース
» 2018年01月11日 20時00分 公開

つらいときも悲しいときも一緒 恋人のようなネコとの関係を描くイラストが想像力をかきたてる

作者の思い出が垣間見える。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「ぼくの恋人は……」とのつぶやきとともに投稿された、Twitterユーザー・マル秘(@maruhi_club)さんのイラストが注目を集めています。題目の「恋人」が指すネコと、少年の生活を描く4点。言葉に依らない表現に、想像力がかきたてられます。


 4点ともネコの種類は異なり、少年との関係性もそれぞれ違う様子。しかしどの絵でも、ネコはそばにいます。つらいときも悲しいときも一緒と思うと、ある意味理想的な恋人のよう。


黒猫 黒猫との何気ないひととき

ケンカ たまにはケンカも

居眠り 一緒にうたたね

悲しみ 悲しいときもこの子がいれば、きっと平気

 「昔飼ってた猫を思い出しながら描きました」と語るマル秘さん。その思い出が垣間見えるイラストに、多くの賛辞が寄せられています。

画像提供:マル秘(@maruhi_club)さん

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう