ニュース
» 2018年01月11日 07時00分 公開

白い恋人の板チョコ「恋するチョコレート」シリーズ誕生 北海道の素材を使った5種類のラインアップ

バレンタインにもよさそう。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 石屋製菓(北海道札幌市)は「白い恋人」のチョコレートをベースにした新しい板チョコ「恋するチョコレート」シリーズを1月12日から東京の「ISHIYA GINZA」と北海道内の一部直営店で販売します。

恋するチョコレート 石屋製菓「恋するチョコレート」シリーズ

 「恋するチョコレート」は同社が立ち上げた新しいチョコレートブランド「ISHIYA CHOCOLATE」の第1弾商品。サロマ湖の塩やとうきび(とうもろこし)など、厳選した北海道の素材を使い、北海道らしいチョコレートに仕上げてあります。

 ラインアップは全5種類。ミルクチョコレートをベースにした「北海道贅沢ミルクチョコレートと塩」とホワイトチョコレートをアレンジした「ホワイトチョコレートと塩」にはサロマ湖水100%のあら塩を練り込んであります。

恋するチョコレート 「北海道贅沢ミルクチョコレートと塩」
恋するチョコレート サロマ湖のあら塩を使っています
恋するチョコレート 「ホワイトチョコレートと塩」
恋するチョコレート あら塩と甘さのハーモニーが楽しみ

 「とうきび」はフリーズドライの美瑛(びえい)産とうきびとミルクチョコレートの組み合わせ。十勝産小豆の粉末と抹茶の原料・碾茶(てんちゃ)を加えた「小豆と碾茶」、桜の花びらのパウダーを散らした「さくら」にはホワイトチョコレートを使っています。

恋するチョコレート 「とうきび」
恋するチョコレート フリーズドライの美瑛産とうきびがぎっしり入っています
恋するチョコレート 「小豆と碾茶」
恋するチョコレート ホワイトチョコレートを和テイストにアレンジしました
恋するチョコレート 「さくら」
恋するチョコレート うっすらと色づいたホワイトチョコレートがかわいい

 サイズは縦約182ミリ×横約106ミリ×高さ約18ミリ(外箱)。価格はそれぞれ800円(税別)です。賞味期限は「とうきび」と「さくら」が製造日から90日、その他の3種類は120日になります。

 同シリーズは開発段階でチョコレートの品評会「インターナショナルチョコレートアワード2017」にエントリー。「北海道贅沢ミルクチョコレートと塩」はアメリカ&アジア太平洋大会で金賞、「とうきび」と「小豆と碾茶」同大会で銀賞を受賞しました。さらに「とうきび」は世界大会でも銀賞を受賞。この大会での入賞は北海道のお菓子メーカーとしては初とのことです。

恋するチョコレート恋するチョコレート恋するチョコレート インターナショナルチョコレートアワード2017で評価されました

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう