ニュース
» 2018年01月12日 19時30分 公開

東京メトロの路線図を高低差まで再現したカプセルトイ登場 コンプすると全9路線が交わる立体路線図に

1カプセルに、いずれかの路線1つと飾るための支柱が同梱。全部合わせれば全幅約30センチの立体路線図に。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 東京メトロの路線図を、高低差まで含め立体で表現したカプセルトイ「東京地下鉄立体線路 東京メトロ編」(前編後編)を、バンダイが1月第4週から販売します。価格は1回300円(税込)。全9路線をそろえて組み合わせると、全幅約30センチの立体的な路線図が完成します。


完成図 完成すると、地下鉄網の複雑さがあらためてよく分かる

 カプセルには路線のモデル1つと、飾るための支柱が数本同梱。前編には、日比谷線・銀座線・東西線・有楽町線・副都心線のいずれかが入っています。


日比谷線 日比谷線

銀座線 銀座線

東西線 東西線

有楽町線 有楽町線

副都心線 副都心線

 後編のラインアップは丸ノ内線・南北線・千代田線・半蔵門線。見慣れた平面の路線図よりも、各路線の交差する構造がよく分かるところに興味をそそられます。「この複雑なあたりが大手町かな?」などと駅の位置を探ると楽しいかもしれません。


丸ノ内線 丸ノ内線

南北線 南北線

千代田線 千代田線

半蔵門線 半蔵門線


(沓澤真二)


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう