ニュース
» 2018年01月13日 16時20分 公開

コアすぎる「廃墟」ジオラマが登場 人が寄り付かなくなった雰囲気を演出する緑のパウダー付き

パーツの分離もできちゃうので使い方は自由自在!

[黒川シュン,ねとらぼ]

 トミーテックから「廃墟」のジオラマが発売されます。価格は3000円(税別)で、5月の発売を予定。


 同製品は、バス・車・建物などの実物を忠実に再現した「ジオコレ」シリーズでお馴染み、ストラクチャー模型の建物コレクション第156弾。用意されたパーツは全て塗装されているため、誰でも簡単に建物を組み立てることができます。

「また何ともコアすぎるモノを…!」1/150スケールで再現されたレイアウトの自由度が高い「廃墟」が登場

 新作である「廃墟」では、分離可能な壁面や柱はもちろん、「廃墟」がテーマというだけあって、時間の経過を感じさせる瓦礫や、人が寄り付かなくなった雰囲気を演出する緑のパウダー(苔)などが付属。

「また何ともコアすぎるモノを…!」1/150スケールで再現されたレイアウトの自由度が高い「廃墟」が登場 解体中の建物(2種:別売り)との組み合わせ例
「また何ともコアすぎるモノを…!」1/150スケールで再現されたレイアウトの自由度が高い「廃墟」が登場 リアルな廃墟が作れる(画像はYouTubeより

 また同シリーズはNゲージ規格(1/150スケール)に沿って作られているため、他のジオラマ製品や1/144スケールのプラモデルとも組み合わせて遊ぶことが可能です。

「また何ともコアすぎるモノを…!」1/150スケールで再現されたレイアウトの自由度が高い「廃墟」が登場 トレーラー(別売り)との組み合わせ例

※シャッター、窓ガラス等は付属しません



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう