コラム
» 2018年01月15日 11時00分 公開

【マンガ】軟式テニスが日本で生まれたのは「ボールが足りなかったから」

それでも、テニスがしたかったんや……。

[ねとらぼ]

 10秒で読める「マンガで雑学」のお時間です。今回のテーマはこちら。

軟式テニスが日本で生まれたのは「ボールが足りなかったから」



解説

 硬式テニスは1874年にイギリスで誕生し、早くもその数年後には日本にも紹介されたといわれています。しかし、当時(明治初期)の国内では、肝心のテニスボールを作ることができませんでした。となると輸入するほかないわけですが、価格が高かったため、代わりにおもちゃのゴムボールを使用するように。うーん、これはもはや別競技のような……。

 こうして日本独自の競技として成立したのが、軟式テニス。誕生理由がちょっと切ない気もしますが、1890年には国内企業による専用ゴムボールの製造が始まり、早稲田、慶応ら4校による対抗戦が人気を集めるほど普及。現在では世界大会も開催される、国際的なスポーツとなっています。

参考


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう