ニュース
» 2018年01月15日 23時30分 公開

やらしいことでも考えてた? アニメ「からかい上手の高木さん」第2話の“からかいポイント” (1/2)

【ネタバレあり】思春期男子は不意打ちに弱い。

[たまごまご,ねとらぼ]

からかい上手の高木さん (C)Soichiro Yamamoto / Shogakukan 2014-2018.

 アニメ「からかい上手の高木さん」第1話放映後のTwitterの感想を見ていたら多かったのが「西片かわいい」「西片、高木さんのこと考え過ぎ」というもの。

 この作品高木さんのキュートさが魅力ではあるのですが、それに翻弄される中学生男子の幼さ、純粋さの方にもニヤニヤしてしまう。高木さんが西片君のこと好きになっちゃうのも、よくわかる。

 アニメ2話で繰り出された高木さんのからかいポイントを振り返ってみましょう。


からかい上手の高木さん

その1:文字を使った遠回しな駆け引き「習字」

 口では簡単に言えるものも、あらためて文字にするとなると悩ましい。形にするため、言葉選びが慎重になる。この思考こそが「書道」。

 習字の時間、高木さんは「お互い相手に求めるものでも書かない?」と西片に提案します。西片君は「からかうな」ということをダイレクトに書こうとしていたようですが、OKした瞬間気付きます。「…これは難しいぞ」

 彼が選んだ文字は「我慢」。自分をからかうことを少し我慢してほしい、という意味でしょうけど……だいぶまわりくどい。

 人間が相手に意思を伝える手段はいろいろありますが、日常的に使う主な方法は会話・文字・スキンシップ

 「習字」回では「文字で伝える」と縛った。こうなると相手のことをよく観察するようになります。言葉を吟味することは、頭の中で自分の思いを整理し直す行為です。

 だからこそ、急にスキンシップが入ってくると、情報が多すぎて思考がパニックを起こす。


からかい上手の高木さん 絶妙なタイミングのスキンシップ。思っていたことが吹っ飛んじゃう(3巻P129)

 集中してるところに不意打ちで、西片君の思考は大混乱。人間のかたくなな心って、こういうささやかなことで氷解するもの。西片君がちょろいわけじゃないと思いますよ。頬に当たる細い指の感触……。

 もっとも、高木さんの真意はその前の文字で、すでに現れていました。


からかい上手の高木さん この言葉の持つ意味は大きいぞ(3巻P121)

 高木さんの書いた文字現状維持

 本人は「からかいやすい西片でいてほしいなーって」と言っていますが、これは深い。引っ掛かりやすいままでいてほしい、という文字通りの意味もあるでしょう。でもその奥にこういうやりとりができる仲が続いてほしい西片君はこれからも私のことを見ていてほしいという願いが隠されているようにも感じます。

 求めるものが「現状維持」って、今のなにもかもが好きってことだよ、ほぼ愛の告白だぞ、きづけよ西片ァ!


その2:避けようのない直球で攻める「英訳」

 「英訳」の回は、2人の授業中のおしゃべりだけで進む話。

 西片君はどうやって高木さんに勝とうか頭をひねっていたところ「どうしたら私に日ごろの仕返しできるか考えてたんでしょ。」とあっさり看破されます。

 「考えてないよ、高木さんのことなんて…」西片お前もうトラップに足突っ込んでるぞ。

 それに対しての高木さんの発言は、あまりにもクリティカル。


からかい上手の高木さん こんなこと言われて意識しないでいられる男子中学生は、果たしているだろうか(3巻P83)

 人間、テクニカルだったりまわりくどいセリフよりも、直球な言葉の方が避けられないものです。

 高木さんは作中で「恥じらってためらう」ということがほぼありません。「目をそらして話す」ということもしません。ウソらしいウソもつきません。

 いつだって、明快な言葉で自分の気持ちを投げかけます。その時は必ず、西片君の目を見つめています。

 正々堂々とした言葉は、人の心を貫くもの。西片君が高木さんのことばかり考えているのは、高木さんの言葉が心に真っすぐ刺さったまま日々暮らしているからです。


その3:中学生男子は女の子に性的な話ができない「プール」

 思春期男子は、女の子に興味津々。と同時に「そういう話をしたらエロいって言われる」ことへの恐怖心が上回る時期。女の子にセクハラ的発言をしようものなら、クラスで変態の烙印をおされます。

 プールでたまたま一緒に見学になった高木さんと西片君。高木さんは、なぜ見学してるのか当ててみてよ、と言います。


からかい上手の高木さん 男子は大体そういうこと考えるよね。なおあまり描かれませんが、西片君も高木さんもそれぞれ、友達が多いです(1巻P28)

 プール、女子、見学。この3つのワードで生理と胸を連想しない男子は、まあいないよ。大人でも。中学生男子同士ならそういう話をこそこそするよ。「〜〜らしいぞ」っていう伝聞形で。

 女の子は、少なくとも高木さんは、そんなの見抜いていないわけがない。「当ててみてよ」って言った時点で、胸の話と生理の話はハズレ。てかそもそも本当にそうだったら質問になんかするわけない。

 でもそこで西片君が、変にかっこつけないのを知っている高木さん。彼が真っ赤になりながら小声で「せいり…だから…?」というのを聞いて大笑い。


からかい上手の高木さん 女の子に性的な発言なんてできるわけがない(1巻P32)

 西片君の、こういう時に恥ずかしがる誠実なところが、好感持てるポイントです。そんな西片君だからこそ、高木さんはからかえます。

 ひとしきりからかった後に「手治ったら一緒に泳ごーね」と言ってプールに入る高木さんに、西片君が「だまされないぞ」と構えるところまで含めて、計算尽くなんでしょう。絶対また食いついてきてくれるって、なんて幸せな追いかけっこだろう。

 明日もまた、現状維持な関係が続きますように。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.