ニュース
» 2018年01月15日 17時00分 公開

かわいいボディのフルEV「新BMW i3」が登場、511キロの航続距離を実現 (1/2)

スマホ連携の遠隔操作機能、距離を伸ばす小型エンジン付きオプションも。

[岩城俊介,ねとらぼ]

 ビー・エム・ダブリュー(以下、BMW)は1月15日、仕様改良版の「i3」を発表。2018年1月15日に発売しました。

photo マイナーチェンジ版「BMW i3」(メルボルン・レッド)

 i3は、BMWのフル電気自動車ブランド「BMW i」を冠した都市在住者向けの戦略モデル。軽量化し航続距離を伸ばすため、量産車としてはじめてカーボンファイバー強化樹脂(CFRP)を基本骨格に採用した2014年発売の従来モデルに続き、今回の改良版では、航続距離を標準仕様で390キロ、レンジエクステンダー(航続距離を伸ばすための充電用小型エンジン)装備車で511キロまで延長させました。

photo 航続距離を標準で390キロ、レンジエクステンダーの装着で511キロまで延長(前モデルはレンジエクステンダー装着時で390キロ)

 搭載する33kWの大容量リチウムイオンバッテリーは、家庭用電源(200V)のほかに公共充電サービスの「ChargeNow」でも充電が可能。購入者特典として12カ月無料でChargeNowを利用できます。また、約45分で80%まで充電できるとするCHAdeMO(チャデモ)規格の急速充電にも対応します。

 このほか、車両を遠隔操作したり、ナビゲーションを支援したりするスマホ連携機能「BMWコネクテッドドライブ」、衝突回避ブレーキやパーキングアシストなどの安全運転支援機能なども搭載。また、「EVはバッテリーの劣化が心配」とする客に向け、新車登録から8年、あるいは10万キロまで「バッテリー修理を無償」とするサービスメニューも用意しました。

内外装のデザインも洗練、日本メーカーのエコカーと同等のサイズ感

 新型i3は、横長のLEDウインカーとともにワイドな印象を強調した新たなフロントバンパーを備えながらも、リアに沿って滑らかな曲線を描くボディラインによって、コンパクトで、キュートな印象も受けるデザインを継承しています。また、後部座席を使いやすくする「観音開きの後部ドア」も備えます。インテリアには、クールな印象の「Atelier」、ナチュラルなイメージの「LODGE」、高級感を演出する「SUITE」の3タイプを用意します。

photo 観音開きの左右ドアを採用
photo マット仕上げのウッド、ソフトレザー、ウールの異なる3素材を用いた「LODGE」の内装

 本体サイズは、4020(全長)×1775(幅)×1550(高さ)ミリ、ホイールベースは2570ミリで、車両総重量は約1520キロ。3/5ドアハッチバックの国内向けエコカーと同等クラスのサイズ感となっています。

photo  

 パワートレインは100%電気モーターによる後輪駆動式。最高出力170馬力(125kW)、最大トルク25.5kg-m(250Nm)を実現し、時速100キロまで7.3秒で加速します。また、0.6リッターの充電用小型エンジンを装備して航続距離を伸ばすレンジエクステンダーもプラス49万円のオプションで用意します。

 価格は、基本モデルのi3 Atelierで538万円(税込、以下同)から。レンジエクステンダー装着車はプラス49万円の587万円からです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.