コラム
» 2018年01月16日 11時00分 公開

【マンガ】緊急地震速報に、「ゴジラ」映画音楽が使われる可能性があった

確かに緊急事態っぽさはある。

[ねとらぼ]

 10秒で読める「マンガで雑学」のお時間です。今回のテーマはこちら。

緊急地震速報に、「ゴジラ」映画音楽が使われる可能性があった



解説

 緊急地震速報の「チャラン チャラン」というチャイム音を作ったのは、東京大学名誉教授・伊福部達氏。制作依頼を受けた際、映画「ゴジラ」シリーズの楽曲を利用することを検討していたといいます。

 普通なら「著作権上の問題があるから、やめておこう」と判断しそうなものですが、同氏には許諾を得られる見込みがあったとのこと。というのも、「ゴジラ」の映画音楽を手掛けた作曲家・伊福部昭氏(没年2006年)とは、叔父‐おいの関係にあたる親戚なのだそうです。

 なお、実際に使用されたのは、昭氏による別の楽曲。「ゴジラ」楽曲は「緊急性を感じさせるが、不安や不快を感じさせない」という点で緊急地震警報に向いていたものの、有名過ぎるなどの理由から採用されませんでした。もしも「ゴジラ」がここまでの人気シリーズにならなかったら、どんなチャイム音ができていたんだろう……。

2017年1月17日10時25分 追記:記事初出時、伊福部昭氏の没年について誤った記述がされておりました。お詫びして訂正いたします。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう