ニュース
» 2018年01月16日 07時00分 公開

「嫌がらせする自由」を主張するカトリーヌ・ドヌーヴらの寄稿記事、フランス国内で批判相次ぐ

トラウマのある人にはつらい内容だったかも。

[城川まちね,ねとらぼ]

 ハリウッドを中心に過熱する「#MeeToo」など対セクシャルハラスメント運動に警鐘を鳴らしたフランス人女性100人による仏ル・モンド紙への寄稿記事(1月10日掲載)が話題になっています。フランス国内ではこの内容に批判が相次いでおり、100人の賛同者の中にフランスのシンボリックな女優カトリーヌ・ドヌーヴが含まれていたことで彼女に対する失望をあらわにする人も現れました。

ル・モンド 寄稿記事 カトリーヌ・ドヌーヴほか100人が賛同(ル・モンド紙のWebサイトから)

 「レイプは犯罪です。けれどナンパがしつこかったり不器用だったりしても罪ではなく、また女性への気配りは男性優位主義による侵害でもありません」という文章からはじまるこの記事は、ハリウッドで起こったことは女性に対する性暴力が認知されるために正しいことだったと認めながら、この流れに異議を唱えることができない風潮があると指摘。これを「ピューリタニズム(潔癖主義)」とも表現し、その性質は「いわゆる公益という名の下に、女性の保護や解放の議論によって女性を永遠の被害者の立場に縛り付けるもの」としています。

 また、「膝を触ったり、キスをしようとしたり、仕事のディナーで“親密な”話題を持ち出したり、お互いにひかれあっているわけではない女性に性的なことを暗示するメールを送り、それだけで解雇されたり」する男性が現れているとし、彼らのことを「犠牲者」と呼んでいます。男女平等相のマルレーヌ・シアッパは「ここに書かれているようにフランスで不注意から“膝を触った”からと解雇された男性なんて1人も知りません。もし存在するなら紹介して」と即座に反応しました。


 さらに記事内では、バルチュスによる少女の絵の展示を中止するよう要求があったことや、少女への強姦で有罪判決を受けた映画監督のロマン・ポランスキー作品の上演中止を求める声があがったことについて、性的な事柄に対する行き過ぎた風潮として指摘されており、SNS上では過去にドヌーブがテレビ番組内で、ポランスキーの事件について「レイプという言葉は極端」と発言したことなどが掘り起こされ批判されています。

 寄稿記事にル・モンド紙が付けた記事のタイトルは「私たちは、性の自由に欠かせない嫌がらせの自由を擁護する」というもの。「嫌がらせ=Importuner」は一般的に「女性をしつこく口説く」という意味のほか、「迷惑をかける」「相手の都合や状況に関係なく何か働きかける」ことを表す単語です。この記事内容からは「男性が女性に嫌がらせする自由」を示すとともに、「女性が拒絶する自由」また「性暴力にあってもそれに傷つかずにいる自由」も表していると読み取れます。

 「とりわけ私たちは、人間とは一枚岩でないことを自覚しています。女性は1日の内に、“あばずれ”になることも家父長制の卑しい共犯者になることもなく、職場でチームを取り仕切りながら、男性の性的対象であることを楽しむこともできる。彼女は男性と同等の給与が支払われるよう留意しながら、しかし地下鉄の中で痴漢されても、それが例え罪であるにしたって傷つかずにいることもできるのです。これは性的な不幸の表れであり、何も起きなかったことのように考えることだってできます」

カトリーヌ・ドヌーヴ 寄稿記事の「顔」になってしまったカトリーヌ・ドヌーヴ(画像はドヌーヴ主演映画「太陽のめざめ」から)

 SNSなどで起こった反応には、ドヌーヴのような地下鉄に乗ることのない女性と、痴漢に遭っても声をあげることのできない女性では性暴力に対する認識が大きく変わることを指摘するものが多くみられました。また、過去の性暴力被害とそれがもたらした結果を告白する女性も現れるとともに、政治家のセゴレーヌ・ロワイヤルは「偉大なカトリーヌ・ドヌーヴがこんな嘆かわしい原稿に加担したのは残念。私たちの思いは、男女ともに女性の尊厳を気づかうこと、話すこともできず苦しむ性暴力被害者とともにあります」とドヌーブへの失望と性暴力に傷つく女性への気遣いをツイートしました。


 この寄稿記事はフランス国外でも報じられ、BBCは「カトリーヌ・ドヌーヴ、男性の女性を“口説く権利”を守る」というタイトルで記事を公開。その中で今回の議論はMeeTooを「60年代に手に入れた性の自由への脅迫」と感じる古い世代と、新しい活動家世代の間に大きな溝があることを指摘しています。

 また、ハーヴェイ・ワインスタインを告発した1人である伊女優アーシア・アルジェントは今回の件を強く批判していた1人。シェアされたフランス版ハフィントンポストの記事「いいえマダムたち、性の自由とは男性にお尻を触られることを受け入れることではないのです」では、ル・モンド寄稿記事の中心人物となったと思われる作家のカトリーヌ・ミラがインタビューで「それが大したことではなく乗り越えられると示すために、レイプされたことがなくて残念」という発言をしていたことなどが指摘され、「性の自由は美しく、お尻を触らせることではない」と訴えています。


関連キーワード

性暴力 | フランス | 批判 | 女優


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう