ニュース
» 2018年01月17日 14時50分 公開

au、CMで鬼ちゃんが売る「板Phone」の製品紹介動画まで制作 「通信料も充電も不要」「近くの人と話せる」

うん、うそはついてないな。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 auが1月から公開しているテレビCM「au UGP『半額屋』篇」では、菅田将暉さんふんする「鬼ちゃん」が「板Phone」を露店で売っています。これはもちろん単なる板なのですが、同社はさも実在の製品かのように紹介する動画「『板Phone登場』篇」まで公開してしまいました。無駄にスタイリッシュでステキ。


板Phone 購買意欲をそそるビジュアル(売ってません)

 動画は「全ての機能をそぎ落とした」と、ミもフタもないキャッチフレーズからスタート。「タップ・フリック・ピンチアウト、自由自在」と、インターフェースの自由度をアピールします。操作したからといって何かが起きるわけではありませんが。


操作性 「Imagine Free」(想像するのは自由)

 ほかにも「(たたくと)音がいい」「落としても割れない」「水に強い」など、アピールポイントは多数。基本料も通信料も不要で、充電する必要もありません。「近くにいる人と話せる」通話機能も披露しています。そりゃそうでしょうとも。


音質 確かに高音質

耐衝撃耐水 耐衝撃・耐水のタフネス性能

無料 ノーコストでバッテリーも不要

リバーシブル 裏返しても機能はそのまま

通話 通話もできる!(直接的に)

 動画はTwitterで好評を博し、「もう板Phoneにかえようかな」と、ジョークに乗っかるツイートも。ほかにも「エイプリルフールにやればいいのに」との指摘や、「うちにも板Phoneあった」とカマボコ板の写真を投稿するネタなど、さまざまな反応が生まれています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう