ニュース
» 2018年01月20日 15時16分 公開

月曜の関東 大雪の恐れ 都内も積雪か

寒さ対策も万全に。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp


都内積雪か

 22日(月)は南岸低気圧の影響で、関東地方は内陸部を中心に大雪の恐れ。都内などでも積雪の可能性があります。最高気温は広く5度以下で北風も強く、凍てつく寒さになるでしょう。


南岸低気圧

 22日(月)は本州の南岸沿いを低気圧が進む予想です。南岸低気圧は時として関東にまとまった雪をもたらすことがあります。低気圧のコースや発達具合によって、雨で降るか、雪で降るか、何も降らないか、大きく予報が変わります。

 22日(月)の南岸低気圧は発達しながら、陸地に近いコースを通る予想で、何も降らない可能性は低く、雪で積雪となるか、まとまった雨となる可能性が高くなっています。関東地方は22日(月)の朝から弱い降水があり、低気圧本体の雪雲や雨雲のかかる日中は降り方が強まるでしょう。夜にかけて雪や雨が続き、降水量が多くなりそうです。

 今のところ、気温の低くなりやすい内陸部を中心に大雪の恐れがあり、都心など南部の平野部でも積雪となる可能性があります。22日(月)の帰宅時を中心に交通機関への影響に注意が必要です。千葉県の沿岸部などは雨の降る所が多い予想ですが、風が強まるため、荒れた天気となるでしょう。

 まだ、予想に幅のある状況で、今後、雪や雨のエリアや降る時間帯の予想が変わる可能性があります。最新の気象情報を確認して下さい。雪が積もった場合の移動手段など、今の内から想定しておくと安心です。足元は滑りにくい靴を選ぶと良いでしょう。雪道を歩く場合はペンギンのように小さな歩幅で足の裏全体を路面に着けて歩くと滑りにくくなります。


月曜は強烈な寒さにも要注意

 22日(月)の最高気温は東京で4度など、関東地方は広く5度以下となるでしょう。冷たい北風も強まるため、体感的には気温の数字より、さらに寒く、氷点下に感じられるかもしれません。日中も凍てつく寒さで、傘を持つ手がかじかみそうです。手袋を用意するなど寒さ対策も万全になさって下さい。

 南岸低気圧のあとは数年に一度あるかないかの強烈な寒気が流れ込むため、しばらく厳しい寒さとになるでしょう。


関連リンク


Copyright (C) 2018 日本気象協会 All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう